ブラックリストに載ってもお金を借りる方法はある?

MENU

ブラックリストに載っているけどお金を借りたい!方法ってあるの?

 

カードローンの返済を延滞したことがある人や、債務整理をした事がある人は、新たな申込をしても審査はほとんど通らないと言われています。

 

このような状況の人をブラックと呼ぶ事がありますが、ブラックになった人がお金を借りなければならなくなった時はどうすればよいのでしょうか?

 

しかし、ブラックになるとお金は借りられないというのは、あくまでも一般的な話で、全く借りられないというわけではありません。「ブラック」とか、「ブラックリスト入り」になった人でもお金を借りる方法があるのでその紹介します。

 

 

ブラックリストとは

クレジットカードの返済やカードローンの返済が滞った場合や、債務整理をした場合に事故情報や延滞情報として信用情報機関の個人信用情報に登録される事をいいます。その状態を「ブラックリストに載る」と表現しますが、実際に「ブラックリスト」というものは存在しません

 

また「ブラック」とはカードローンの返済を延滞中の人や滞納中の人、債務整理などの経験がある人、多重債務を抱えている人の事を金融ブラックといい、それを一般的に「ブラック」と呼びます。

 

「ブラックになってしまうと、お金が借りられない」と言われますが、ブラックにお金を貸してはいけないという法律はないので、金融業者がお金を貸すかどうかは、それぞれの判断にゆだねられています。

 

信用情報とは

信用情報とは、個人が消費者金融や銀行のカードローン、クレジットカード、住宅ローンなどを利用した時に記録される利用履歴の事で、消費者金融や信販会社などの貸金業者は、利用者が延滞などを起こすと、その内容をCICやJICCなどの信用情報機関に登録する事になっています。

 

登録された事故情報は、延滞や債務整理などがあり、5年~10年の間は事故履歴が残ります。

 

それらの記録を保存している信用情報機関は、消費者金融や信販会社、銀行などそれぞれに利用している信用情報機関は異なります。ただし、事故情報に関しては情報が共有しているので、どの信用情報機関から照会してもわかるようになっています。

 

事故履歴があると即アウト

たとえば、カードローンの申込をすると与信審査では、信用情報機関に照会し、事故情報の有無などをチェックする事や、申込者の属性を総合的に判断して、ローンや融資を行うかどうか判断しますが、大手消費者金融や銀行などの場合、信用情報機関の個人情報に事故履歴などが記載されていると、その場で審査は終わってしまいます。

 

ブラックでも借りられる銀行や大手消費者金融はありません。しかし中には、貸金業者の中には、与信審査を行い事故情報や属性を調査するものの、その結果を踏まえてお金を貸してくれる業者も存在します。

 

ブラックがお金を借りる時は業者選びが重要

お金 借りるために借入先として消費者金融や信販会社、銀行、信用金庫などが思い浮かびますが、信用情報機関に事故情報の記録があれば、5年~10年間は事故情報が消える事はないので、ほぼ確実にお金を借りることはできません。

 

しかし、事故情報が登録されていても、ブラックの人がお金を借りる方法はあります。

 

消費者金融には「プロミス」や「アコム」「アイフル」「SMBCモビット」「レイクALSA」のような大手消費者金融と呼ばれる消費者金融もあれば、地元を中心にして貸金業を営んでいる中小消費者金融と呼ばれる業者が存在します。

 

大手の消費者金融で融資してもらうのは難しいですが、中小消費者金融や、開業して間もない消費者金融なら、審査基準が甘く、たとえ事故情報が登録されていてもお金を借りることができる可能性があります。

 

大手消費者金融や銀行カードローンは審査が厳しい

大手消費者金融や銀行カードローンの審査方法は、コンピューターを使って審査を行っています。

 

申し込みをすると仮審査で「融資が可能か、いくらまで貸せるか」という判断がわずか数分で結果が出るようなシステムで、たとえば、申込者の収入や年代や勤務状況などのデータを入力し、これまで蓄積されたデータの中からよく似たデータを抽出し、データが優良顧客に近ければ、融資の可能性は高くなります。

 

反対に、延滞などの金融事故を起こした事が有るようなデータに近ければ、融資をしてもらうことは厳しくなります。大手の審査方法はスピーディですが、マニュアル通り進められるので、データにそぐわなければ、即断られます

 

大手消費者金融の場合ほとんどが銀行グループの傘下に入っている事から、金融事故を起こした人への融資はリスクが高くなるだけなので、あえて審査を通す事はしません。

 

中小消費者金融の審査は緩い?

中小消費者金融とは大手のようにコマーシャルを流して全国的に知られている業者ではなく、もともとは地元密着型で貸金業を営んでいる正規の消費者金融の事です。これらの中小消費者金融はもちろん都道府県知事に登録している、正規の業者です。

 

以前は、地域密着型の事業展開をしている業者でしたが、インターネットの普及により、全国展開をするようになったので、地域だけでなく全国から申込を受け付けています。

 

中小消費者金融の顧客対象は、大手の審査に通らなかった人や、過去に金融事故を起こした人が顧客対象になっているので、金融ブラックになっている人でも審査に通る可能性があります。

 

中小消費者金融とは

消費者金融には企業と同じく大手と呼ばれる消費者金融もあれば、中小消費者金融と呼ばれる消費者金融もあります。

 

貸金業法の改正前は、地域密着型で事業展開をしている業者でしたが、インターネットの普及により、地元だけでなく全国展開をするようになり、全国から申込を受け付けている業者が増えています。

 

顧客対象としているのは

中小消費者金融の顧客対象は、大手の審査に通らなかった人や、過去に金融事故を起こした人が顧客対象になっているので、金融ブラックになっている人でも審査に通る可能性があります。

 

中小消費者金融の審査方法

中小消費者金融の審査は、大手のように大がかりなシステムを導入しているところは数少ないですし、審査方法は昔から行ってきた対面形式としているところがほとんどです。

 

中小消費者金融でも、もちろん自社の基準に基づいて審査を行いますが、過去のデータだけにとらわれず、審査を行っているところが多く、対面形式ならではのメリットを活かした審査をおこなっています。

 

たとえば、過去の借り入れで延滞を越したことが記録に残っている人や、債務整理を下ことがある人は、大手の場合個人情報を照会した時点でほぼ審査に通る事はありません。

 

しかし、対面形式の審査なら金融事故を起こした理由説明が出来ますし、現状の収入状態や生活環境も詳しく伝えたり、借りたお金は必ず完済するという意志を伝えたりする事が出来ます。審査はこのように、過去に金融事故を起こしていても、現在の状況に問題がなければ審査合格の可能性はあります。

 

お金を借りるには定職についている事が条件

信用情報に事故登録があっても、中小消費者金融ならお金を借りられる可能性があります。しかし、お金を借りるためには条件があります。信用情報に事故情報があっても、お金を貸してくれる貸金業者は、一番に返済能力を重視します。

 

そのためには、定職についていて、安定した継続的な収入がある事が確認できれば、返済能力があると判断され融資を受ける可能性は高くなります。

 

定職と言っても、正社員である必要はありませんし、在籍確認が取れれば、アルバイトやパート、契約社員であっても融資してもらえる可能性はあります。

 

業者選びで注意する事

大手消費者金融へ申し込む時は、何の問題もありませんが、中小消費者金融へ申し込む時は、注意しなければならない事があります。それは、中小消費者金融に混じって「ヤミ金」と言う悪徳業者も存在するという事です。

 

「ヤミ金」が顧客対象としているのも、中小消費者金融と同じ、ブラックになっている人や、大手で借りられなかった人が融資対象にしています。

 

そのためインターネット上でも「ブラックでも簡単融資OK」とか「即日審査なしでお金が借りられる」「絶対に借りられるカードローン」と言うような広告を出して顧客を募っています。

 

また、雑誌やスポーツ新聞などに広告を出すなど、公のものに広告は出せないと思われがちですが、高い確率でヤミ金は宣伝広告を行っています

 

ほかで借りることが出来ない状況下で緊急でお金が必要になった時など、人はワラにもすがる思いでヤミ金からお金を借りてしまったという人も少なく在りません

 

一度「ヤミ金」に手を出すと、個人で解決する事が出来ず、警察や弁護士に依頼しなければならなくなります。業者を選ぶ時は正規の貸金業者か「ヤミ金」かの見極めが必要です。

 

正規の業者を確認する方法

中小消費者金融とヤミ金は、混在しているので見分けがつきにくいですが、正規の消費者金融と「ヤミ金」を見分ける方法は有ります。貸金業を営む場合は、都道府県知事に届出が義務付けられています

 

正規の業者なら登録番号をもっているはずですが、貸金業登録番号が書いてあるからといって100%信用してはいけません。正規の登録業者かどうかを確認する時は、利用しようと思う業者の、登録番号や商号、所在地、連絡先、代表者名などを控えておきます。

 

つぎに、金融庁のホームページに「登録貸金業者情報検索入力ページ」があるので、控えていた項目のどれか一つでよいので入力します。検査結果で利用しようとしている業者名が出てきた時は、正規の業者と思って間違いありません。

 

名前が出てこなかったり、違う業者名が出てきたりする場合はヤミ金と思って間違いありません。また、正規の登録をしている業者の中にも「ヤミ金」と同じような業者も存在します。

 

金融事故を起こしているから融資を受ける事がむずかしいという事もありますが、明らかに条件が良すぎる場合や、「審査なし」というような、簡単に借入できそうな広告には手を出さない方が賢明です。

 

まとめ

中小消費者金融も、最近はサービスが向上し、即日融資が可能な業者や、コンビニATMが利用できるような中小消費者金融もあり、大手消費者金融とほとんど変わらないようになっています。

 

以前は地元を中心だったので、他府県からの申込はあまりありませんでしたが、インターネットからの申込みが可能になったため全国規模で顧客獲得に努めています。

 

このように「インターネット申込が可能」な事や「最短即日融資」が可能な中小消費者金融は、融資限度額や金利が多少違う事もありますが、限りなく大手の消費者金融のレベルに近づいています。

 

ただし、中小消費者金融はすべて安全かと言えばそうではなく、中には怪しい業者もいるので、これらの業者を利用する時は、「登録貸金業者情報検索入力ページ」や「ブラックでも借りられるキャッシング」で検索したり口コミなども参考にしたりして、利用しようとしている業者が正規の業者なのか、安全な業者なのかを調べる必要が有ります。

 

少しでも怪しいと思った時は、いくら条件が良くても手を出さないという意志も必要です。