自己破産者がお金を借りる方法、ブラックでも融資が可能なのは?

MENU

ブラックの自己破産者がお金を借りる方法

 

一般的に自己破産すると「新しくカードローンの申し込みをしても審査に通る事はない」と言われていますが、自己破産者がどうしてもお金を借りなければならなくなった時はどうすればよいのでしょうか?

 

結論から言うと自己破産をしたからと言って、どこからも借りる事が出来ないという事はありません。借入先がないとあきらめて「ヤミ金」に手を出す人もいますが、そんなことをする必要はありません。

 

自己破産者でもお金を借りる方法はあるので紹介します。

 

 

自己破産をすると

借金の返済できなくてどうしようもない状態になると、最後に残された手段が自己破産です。

 

自己破産とは、裁判所を通じて返済できなくなった借金の支払い義務を免除してもらう手続きのことで、自己破産をするには、弁護士などに依頼して「破産の申立て」と「借金をゼロにするための免責許可の申立て」を行わなければなりません。

 

免責許可は破産の申し立てをすれば常に決定されるわけではなく、場合によっては「免責が下りずに借金をゼロにする事が出来なかった」というという事もあります。

 

一般的に免責が下りた人の事を自己破産者といい、自己破産をすると信用情報機関のCICやJICC、全銀協の3つの信用情報機関の個人情報に事故情報として記録が残ります。自己破産者になると、CICやJICCは5年間、全銀協の個人情報には10年間記録が残ります。

 

それらの記録を保存している信用情報機関は、消費者金融や信販会社、銀行などそれぞれが利用している信用情報機関は異なります。ただし、事故情報に関しては情報を共有しているので、事故情報があればどの信用情報機関から照会してもわかるようになっています。

 

自己破産者はお金を借りられない?

冒頭にも書きましたが、自己破産者は新しいカードローンの申し込みをしても審査に通らないと言われています。カードローンの申し込みをすると、申込書に記載した内容と、信用情報機関の個人情報に基づいて審査を行います。

 

その時、信用情報機関の個人情報に事故情報が記録されていると、大手消費者金融や銀行カードローンは申し込みをしても審査に通る事がありません。

 

自己破産をした金融業者からは2度と借りられない

自己破産があっても5年~10年を経過すれば新たな申し込みが出来ますが、自己破産の対象になった金融業者から借りようとすると、社内ブラックとして過去の情報が残ったままになっているので何年を経過しても2度と借りる事は出来きません。

 

わざわざ、過去にトラブルを起こした金融業者からは借りずに、今まで取引がない、もしくは融資をきちんと完済している融資会社を選ぶ事がポイントになります。

 

自己破産者がお金を借りるための条件

自己破産をした人が、新たな借入をするための条件として「免責」がおりていることが必須事項になります。免責がおりる前に貸してしまうと、破産債権者一覧表に入れられてしまい、破産対象の債権者になる可能性があったり、裁判途中でお金を借りた事がわかると「免責」がおりなくなったりする事もあるので、「免責」前に貸してもらえることはありません。

 

「免責」がおりると、貸金業者は損金処理をするので、免責がおりた日から5年~10年で信用情報の情報は消えます。免責確定日から5年~10経過すると信用情報機関の個人情報から事故情報は消えているので、新たなカードローンで借りられる可能性は高くなります。

 

自己破産をした人の中には、どうしてもお金が必要で「個人情報から事故情報が消えるまで待てない」問人もいますが、免責を受けていれば5年以内でも借り入れが可能な金融業者もあります

 

大手消費者金融へ申し込みをしても審査は通らない

 

自己破産をした人が大手消費者金融は銀行カードローンへ申し込みをしても、まず審査に通る事はありません。それは審査方法によるもので、大手消費者金融や銀行カードローンの審査方法は、コンピューターを使い「お金を貸しても返してもらえる人なのか」を判断します。

 

申し込みをすると、仮審査で「融資が可能か、いくらまで貸せるか」という判断がわずか数分で結果が出るようなシステムで審査を行っています。

 

たとえば、申込者の収入や年代や勤務状況などの属性データを入力し、これまで蓄積されたデータの中からよく似たデータを抽出し、そのデータが優良顧客に近ければ、融資の可能性は高くなります。反対に、信用情報機関の個人情報に、延滞や債務整理などの事故履歴が記載されていると審査をする事無く即座に終了となります。

 

このように、大手消費者金融の審査方法はスピーディですが、マニュアル通り進められるので、審査基準を満たしていなければ即断られます。大手消費者金融は債務整理などの金融事故を起こした人へ融資をしても、リスクが高くなるだけなので、無理をしてまで融資をする事はありません。

 

中小消費者金融なら審査通過の可能性はある

消費者金融は「アコム」や「プロミス」のように大手消費者金融以外に、中小消費者金融があります。

 

中小消費者金融は、地元を中心にして貸金業を営んでいる消費者金融で、一時期「金利が高い」とか「融資限度額が低い」「利便性が悪い」などと口コミでもあまり良い評価をされることはありませんでしたが、最近では大手消費者金融と比較してもほとんど変わらい中小消費者金融も増えてきました。

 

金利は上限金利18.0%以下のところや、申込はインターネットからの申込が可能です。融資方法は振込キャッシングも可能なところや、提携コンビニATMが利用できるなど、即日融資に対応している中小消費者金融もあります。

 

顧客対象としているのは

多くの中小消費者金融が顧客対象としているのは、大手で借りられなかった人や、金融ブラックというレッテルを貼られている人を対象にして積極的に融資を行っています。

 

大手消費者金融のように、マニュアル通りの審査ではなく、審査に融通性を持たせているので、過去にはとらわれず、現況から判断して返済が可能なら融資が受けられます。

 

中小消費者金融の審査方法

中小消費者金融は、大手のようにコンピューターシステムを導入して審査を行っているところはほとんどありません。

 

中小消費者金融は、本来地元を中心に、地域密着型の貸金業を行っていたので、審査方法は、申込者と対面形式で審査をしているところも多く、直接面談をするか、電話で話を聞くという審査方法が多いようです。

 

最近ではインターネット申込を採用しているところも増えたため、地元だけでなく全国展開をしている中小消費者金融も増えています。中小消費者金融でも、自社の審査基準を基にして審査を行いますが、大手消費者金融の審査と大きく違うのは、過去のデータにとらわれず、現在の生活状況や収入状況で判断します。

 

たとえば、過自己破産をした事が申込をすると、大手消費者金融だと、ほぼ審査で落とされてしまいます。しかし、対面形式や電話での審査は担当者が申込者に細かいところまで聞くことが出来るので、「最近の生活状況はどうなのか」などの聞き取り審査を行い、現状の収入状態や生活環境がよければ融資を受ける可能性が出てきます。

 

大手消費者金融や銀行で借入が出来なかった人にも、積極的に融資をしているところもあるので、「免責」さえ降りていれば、中小消費者金融なら、融資をして貰える可能性があります。

 

中小消費者金融を安心安全に利用するには

 

中小消費者金融を利用する時に、注意しなければならないことがあります。それは、中小消費者金融に混じって「ヤミ金」と呼ばれる悪徳業者が存在する事です。

 

貸金業を営む時は、県などへ貸金業者としての登録をしなければなりませんが、「ヤミ金」は登録をせずにお金を貸している違法業者の事です。「ヤミ金」が顧客対象としているのは、中小消費者金融と同じ「大手で借りられなかった人」や「ブラックになっている人」を対象にしています。

 

「借りるところがどこもない」と焦って申し込みをすると、取り返しがつかないことにもなるので、中小消費者金融を選ぶ時は、十分な注意が必要です。

 

消費者金融の選び方

中小消費者金融を選ぶ時は以下の事をチェックする必要があります。

 

「金融庁への登録」があるか

貸金業を営む時は、県や国に申請して登録する必要があるので、登録していない業者は違法業者と考えて間違いありません。金融庁へ登録している業者かどうかを調べるには、金融庁のサイトにある「登録貸金業者情報検索入力ページ」から調べることが出来ます。

 

「登録貸金業者情報検索入力ページ」へ入ると、検索用入寮フォームがあるので「登録版後」や「所在地」「商号・名称」「代表者」電話番号」のいずれか一つを選び、入力して検索開始ボタンを押すと、登録業者名が表示されます。

 

項目に入力しても検索で出てこない場合や、入力項目と違う業者名が出てきた時は違法業者の可能性が高いです。

 

ただ、「金融庁に一度登録し、登録番号を得た上で悪質な貸金業を行っている業者」や「実在する消費者金融を名乗ったダミー会社」もあるため、ここに見つかっただけでは安心すべきではありません。

 

甘い言葉でアピールしていないか

貸金業者が広告や宣伝をする時は、法律で基準が決められているので、どんな宣伝文句でもよいというわけではありません。

 

「利用金額関係なし」とか「審査なしで融資が可能」「借りやすさNO.1」というような甘い言葉で宣伝をしている業者を信用しないことで、こういった業者に一度借りてしまうと、どんな方法を使ってでも返済させる自信があるので、甘い宣伝文句に引っかからないよう、十分な注意が必要です。

 

金利が合法か

お金を借りる時の金利は、利息制限法で決められています。

 

  • 10万円以下の場合は上限20%
  • 10万円~100万円の場合は状弁18.0%
  • 100万円以上の場合は上限15.0%

と決まっているので、これ以上の金利で貸し出す業者は注意が必要です。

 

たとえば、「ヤミ金」の場合「トイチ」とか「トサン」というような金利を要求されます。

 

トイチとは10日(とおか)で1割の利息、「トサン」は10日で3割の利息がつくということです。

 

「10日で1割ですから10日で返してもらえればわずかな利息で済みますよと誘ってくることがあります。

 

特にどうしてもお金が必要な時は、わかっていながら契約をしてしまう人もいますが、手を出してしまえば自分で解決する事が出来なくなります。

 

日本貸金業協会が悪質業者としていないか

日本貸金業協会には、金融庁の「登録貸金業者情報検索入力ページ」と同じように「悪質業者の検索」が可能です。

 

口コミなどの情報も役立ちますが、怪しいと思った時は、これらの検索機能を利用して、違法業者にかかわらないようにする事が大切です。

 

まとめ

自己破産をした人がお金を借りる場合、中小消費者金融なら融資が可能です。中小消費者金融は顧客獲得のために努力してしますし、大手消費者金融とほとんど変わらないサービスを提供しています。

 

最近は中小消費者金融のほとんどが、インターネットから申込みも可能ですし、今はわずかですが、即日融資に対応している業者音も徐々に増えています

 

「自己破産をしているからお金は借りられない」と言ってあきらめるのではなく、申込先を中小消費者金融まで範囲を広げれば、融資をしてもらえる正規の金融業者がきっと見つかるはずです。