主婦がお金借りるにはどこがいい?

MENU

主婦がお金借りるには?

 

主婦といっても、収入がある人と無収入の専業主婦の場合ではお金を借りる方法に違いが出てきます。

 

収入のある主婦なら、どのカードローンでも申込可能ですが、専業主婦の場合には申し込み先が限られてきます。

 

 

専業主婦でも借りられるのは銀行?

専業主婦がNGのところは多い

自分自身に収入がない専業主婦は、銀行や消費者金融業者のカードローンの融資を断られてしまいがちな傾向があります。また、カードローンは契約すると、ほぼ必ず郵送物が送られてくるので、うかつに申し込むと借入の事実が家族に発覚することも多くあります。

 

もしパートや在宅仕事で収入があるなら事情はまったく異なりますが、専業主婦にはどうしても制限がかかってしまいます。まずは、収入のない専業主婦にとって申し込める金融機関は限られるということは覚えておきましょう。

 

実際、「専業主婦でも可」と公式サイトなどで明言している金融機関は意外に少ないといった事情があります。大手で知名度の高いアイフルやプロミスなどの消費者金融業者は、すべて専業主婦は借入できません。

 

パートで収入があるなら、銀行や消費者金融業者、信販会社など様々な選択肢がありますが、ここでも「世帯収入を重視するところ」もあれば「ほとんど本人の収入だけで審査を行うところ」もあります。そのため、申し込み先を選ぶというのは非常に重要です。

 

審査そのものは、「専業主婦でも可」である金融機関であれば難易度にそれほどの差はありません。特に、カードローンの利用が初めてであれば、ほとんど問題はないでしょう。というのも、専業主婦でも申し込めるカードローンは世帯収入が重視されることが多いからです。

 

専業主婦や年収の低いパート主婦は、それだけ「フルタイムで働く必要がなく、生活の基盤がしっかりしている家庭」と判断されやすいからです。

 

地方銀行が狙い目

具体的に専業主婦でも申し込めるカードローンを探すといったときに、つい大手の消費者金融業者やメガバンクに目が行ってしまいがちですが、いったんは地元の地方銀行をチェックしておきましょう。

 

地方銀行は、地元の経済に資するという使命を持っています。そのため、地元の企業や団体、その土地に住まう人に優しい傾向があり、カードローンでも同様に専業主婦が申し込みやすい体制を整えているところが少なくありません。

 

例外的に不可というところもありますが、ほとんどの地方銀行は専業主婦でも借入できます。パートなどで自分に収入があれば高い確率で審査に通過します。

 

地方銀行の多くは、営業エリア内に居住しているか勤務している人が申し込みの対象です。一部にはインターネットを通して全国から申し込めるものありますが、通常はその地域の人しか申し込めません。そのため、申し込みの件数はメガバンクを始めとした都市銀行に比較してずっと少なくなります。

 

申し込みの件数が少ないので、融資までの事務処理や契約手続きに人員を割く必要がありません。人件費が安く済むので、地域密着型の金融機関ほど審査難易度がそれほど高くなく、金利も低いローンを取り扱っていることが多い傾向があります。

 

たとえば仙台市にある七十七銀行が取り扱っているカードローンは上限金利が11.0%と非常に低い水準となっています。

 

配偶者の勤務先に在籍確認があるか?

専業主婦や、あまり収入の多くないパート主婦がカードローンを申し込むケースでは、配偶者に収入があれば家計は安定していると金融機関が判断します。そのため、申し込みでは配偶者の収入を申告することが多くあります。

 

ここで心配になるのが、配偶者の勤務先に連絡が行くのではないかという点です。配偶者に収入があることが前提となっているのだから、その勤務実態を確認する作業が必要であると金融機関が判断しても不思議ではありません。

 

とはいえ、配偶者の勤務先に在籍確認などの連絡をすることは、一部の金融機関を除けば非常にレアケースです。

 

多くのネットユーザーが金融機関に問い合わせした報告が寄せられていますが、ほとんどは「配偶者の同意を得なくて良い」「配偶者の勤務先に連絡はしない」という回答を得ています。

 

もし金融機関のホームページで「専業主婦も可」となっている金融機関なら、かなり高い確率で配偶者の同意は不要で、在籍確認もなしで借りることができると言っていいでしょう。心配なら、申し込み前にフリーダイアルに電話を掛けて問い合わせておきましょう。

 

注意したいのはジャパンネット銀行です。この銀行は配偶者の勤務先に連絡をすることがあり、申し込みでは良く確認しておきましょう。この銀行は申し込みや融資、返済に独特のルールがあるので、利用では規約を良く確認する必要があります。

 

専業主婦のカードローンの選び方

まずは口座を持っている銀行へ

カードローンというと、地方銀行や都市銀行が発行するものには安心感があるという人が多いでしょう。信頼性や馴染みがあるという点では、銀行は他の金融機関より優れています。

 

銀行のカードローンを利用したいと考えているときには、まずは自分が普通預金口座を持っている銀行のカードを検討してみましょう。というのも、銀行のカードローンでは原則的に「借入先の金融機関の口座から引き落として返済する」からです。

 

たとえば三菱UFJ銀行のカードローンを利用するなら、毎月の返済は三菱UFJ銀行の口座から引き落とすという具合です。

 

もし、日常的に利用していない金融機関の口座を引き落とし口座として指定すると、毎月の返済日に預金残高が必要となります。そのため、いちいちその口座にお金を預けておくという手間が発生しますし、うっかりお金を入れ忘れると延滞のリスクが高まります。

 

そのため、普段から使っている銀行の口座を返済に使えるのが最も手軽です。銀行には「自行をメインバンクとしている顧客には優しい」という傾向が全体的にあります。普段から振込口座として使っている銀行なら、審査で多少優遇されます。

 

まずは自分が口座を持っていて、アクティブに使っている銀行のカードローンが専業主婦でも利用できるかどうかチェックしてみましょう。

 

ただし、以下の大手銀行は専業主婦の申し込みを受け付けていません。
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • りそな銀行

 

口座開設不要なら

日常的に使っている銀行が、三井住友銀行やみずほ銀行など専業主婦がカードローンを申し込めない銀行であるときには、「口座開設が不要」な銀行カードローンが候補となります。

 

銀行のカードローンであるのに、その銀行の普通預金口座を持っていなくても申し込みが可能で、引き落とし口座を普段から使っている口座に指定できるというものです。

 

こういったカードローンを発行しているのは、主に新興の銀行です。2000年以降に開設され、金融庁から「新たな形態の銀行」として分類されている銀行の多くは、従来の銀行とは違う経営方針を持っています。

 

たとえばネットバンクと呼ばれる銀行、商業施設との連携を主体とする銀行などがあります。こういった銀行では自行に口座を開設していなくても利用可能なカードローンを発行しています。

 

代表的なのが楽天銀行スーパーローンとイオン銀行カードローンです。
楽天銀行スーパーローン イオン銀行カードローン
上限金利(年率) 14.5% 13.8%
融資限度額 50万円 50万円
融資までのスピード 1週間以上 1週間程度

 

融資限度額は2つの銀行とも50万円となっていますが、これは専業主婦だけに適用されるもので、パートや在宅仕事で収入があるときには多少の上乗せが期待できます。

 

どちらも自行口座の開設が不要で、指定した金融機関の口座から自動引落で返済する方式です。コンビニATMなど提携ATMからの返済も可能です。

 

専業主婦が申し込む際の注意点
1.審査に通る条件

専業主婦がカードローンなどお金を借りるための審査に通過できる条件として、信用情報に問題がないというのは大前提となります。

 

信用情報というのは、その人が過去に金融機関をどのように利用してきたかという履歴のことで、「クレジットカードの支払いを延滞した」「カードの強制解約にあったことがある」などのネガティブな情報が残っているときには、審査には通過しにくくなります。

 

逆に、こうしたネガティブ情報がない人で他のカードローンなどを利用していなければ審査に通過できる可能性は高まります。

 

2.総量規制に注意

総量規制という法律があり、利用者の年収の3分の1以上を貸出してはならないことになっています。ただし、これは貸金業者に適用されるもので、銀行のカードローンを利用する分には無関係です。

 

とはいっても、近年では銀行が個人向けカードローンでの過剰貸付で問題視されていることもあり、自主的に総量規制を導入しつつあります。他社で借入がある人は注意しましょう。

 

3.専業主婦OKではない金融機関は?

専業主婦が申し込めるかどうか判断するには、公式サイトの記載を見ればある程度の参考になります。カードローンの申し込み条件として「安定した収入があること」とされている場合には、専業主婦はほとんどの場合で申し込みはできません。

 

この記載がないのであれば申し込める確率が高まります。

 

また、安定した収入が必須とされているカードローンでも「専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば可」などの但し書きがされているケースがあります。

 

専業主婦が申し込めるローン
1.北海道銀行

専業主婦が申し込める銀行のカードローンとして知られているのが北海道銀行の「カードローン ラピッド」です。北海道銀行は地方銀行ですが、「ラピッド」は口座開設不要で全国から申し込むことができます。

 

このカードローンは幅広い層にアピールする設計となっており、たとえば75歳の高齢者、年金受給者、学生でも申し込みができます。収入のない専業主婦でも利用できます。配偶者に安定した収入があることが条件となっているので、申し込みでは注意しましょう。

 

銀行カードローンは申し込みから融資まで時間を要するというデメリットがありますが、ラピッドは申し込みから融資までがスピーディなので、急ぎでお金を借りたい専業主婦にも向いています。

 

2.横浜銀行

専業主婦がキャッシング機能を付帯できるクレジットカードを持つことも可能です。代表的なものが横浜銀行が発行する「横浜バンクカード」です。横浜銀行も北海道銀行と同様に地方銀行ですが、横浜バンクカードは全国から申し込み可能です。

 

申し込み条件は「満18歳以上満70歳以下」で、本人に収入のない専業主婦も利用可能です。

 

主婦が消費者金融業者から借りるには?

配偶者貸付という制度

貸金業法には配偶者貸付という制度が設けられています。

 

これは「配偶者と併せた年収の3分の1以下まで貸し付けてよい」とする制度で、貸金業法の総量規制において例外貸付に該当します。

 

本来は貸金業者、つまり消費者金融業者とクレジットカードのキャッシング枠の貸付は総量規制の対象です。ところが配偶者貸付という制度を利用すると、貸金業者からの借入でも総量規制に抵触しません。

 

配偶者貸付を適用すると自分が収入のない専業主婦であっても、配偶者の年収があれば、その3分の1まで借入できます。

 

たとえばパートやアルバイト、副業などを行っていない専業主婦がいて、配偶者の年収が300万円だとすると、その3分の1である100万円まで借りることができることになります。

 

制度を利用するには、配偶者の同意書や婚姻関係を証明する書類が必要になりますが、法律上の制度として認められているものですので、専業主婦でも貸金業者から借りることができます。

 

ところが、この制度は大手の消費者金融業者では導入されていません。法律では定められてはいますが、必ずしも提供しなけらばならない制度ではないからです。

 

消費者金融業者としては、自分に収入のない専業主婦に貸すことはなるべく避けたいと考えていますし、書類の確認作業も煩雑です。配偶者貸付は制度として存在はしていますが、多くの業者で使うことができません。一部の中小の消費者金融で導入されているに過ぎません。

 

どうしても配偶者貸付で借りたいときには、中小の業者のホームページなどを参照してみましょう。

 

専業主婦に近いほど不利

消費者金融業者では「専業主婦に近いほど審査では不利」です。主婦といっても、パートで毎月の給与をもらっていることもありますし、在宅で仕事をしている人もいます。こういった人は専業主婦よりも審査で有利です。

 

純粋に家事のみを行っている専業主婦にとっては、消費者金融業者の審査は高いハードルです。収入がある場合、給与額がいくらなのかという金額は審査に通過するうえで、あまり大きな問題とはなりません。

 

自分の収入が一切ない状態、つまり「給与所得者ではなく、所得を証明する確定申告書などが用意できない」という状態であるとき、専業主婦が消費者金融業者から借入できることは、ほぼ不可能と考えてい良いでしょう。

 

消費者金融業者で重視されるのは、利用者の返済能力です。お金を借りるという行為は、借りた本人にのみ義務が課せられるということは法律でも定められています。返済義務は借りた本人にのみ属するもので、たとえ家族であっても返済を他人に迫ることはできません。

 

この点を消費者金融業者はシビアに考えており、本人に収入がないときには家計を預かっている主婦であっても「返済能力なし」として審査には通しません。

 

銀行は世帯収入を重視する傾向がありますが、消費者金融業者は明確に本人の返済能力を重視する傾向があります。実際に、消費者金融業者の申し込みページを見ても、年齢制限と「申込者の年収」の2つが申し込み条件となっています。

 

給与所得者でないときに注意

主婦でも仕事を持っている場合には、消費者金融業者でもお金を借りることが可能です。銀行に比較して審査は柔軟ですし、即日融資も可能で、ある程度の注意力は必要ですが家族に内緒で借りることもできます。

 

主婦ができる仕事としては、たとえば在宅の仕事やピアノのレッスンなどの個人事業があります。こういった仕事で収入を得ていれば、「専業主婦」ではありません。

 

自宅でできる仕事をしているとき、つまり給与ではない所得を得ているときには、審査するにあたって「確定申告書」などの事業内容を証明できる書類の提出が必要になるので、必ず用意しておきましょう。これを提出できるなら審査で問題となりません。

 

ただ、実際に所得は得ているが申告していない主婦は非常に多くいます。このときには、やはり消費者金融業者では専業主婦と同じ扱いとなってしまいます。

 

確定申告書がない場合で、請求書などの書類によって事業内容を証明するという方法も採れますが、契約ができるかどうかは不透明です。業者の担当者の判断次第で、確実ではありません。

 

どうしても消費者金融業者から借りたいというのであれば、事前にフリーダイアルなどに問い合わせて相談してみましょう。

 

借入限度額は?

何かしらの収入があり、さらに給与や所得を証明できる書類があれば消費者金融業者でも主婦が借入することは可能です。このとき注意したいのが総量規制です。この規制によって「年収の3分の1」が借り入れできる上限となります。

 

もし年収が100万円なら、30万円程度が契約の上限額となります。ただ、あくまで「上限」であって実際の審査では年収の3分の1以下という低い数字を提示される可能性は高いと言っていいでしょう。

 

消費者金融業者は主婦にあまり優しくない傾向があります。というのも、貸金業法によって収入の少ない人に対する貸出に制限がかかるからです。

 

貸金業法は2010年の改正から非常に厳しいものとなっており、総量規制はかなり強い法律として機能しています。そのため、主婦であって年収が100万円以内なら初回契約時に提示される限度額は、おおよその場合で10万円程度でしょう。

 

あまり高額の融資は期待できません。これ以上の融資を必要としているのであれば、貸金業法が適用されない銀行や信用金庫などのローンを利用するほうが良いでしょう。

 

レディースローンって何?

大手の消費者金融業者に「レディースローン」というものがあります。これは一見すると専業主婦でも申し込めるローンのように思えますが、実際には収入のある女性向けのローンで、商品内容も通常のカードローンと変わりません。

 

通常のローンとの違いは、電話対応から担当者、問い合わせがすべて女性が担当するという点です。契約内容に関しても、金利や限度額の設定に関しても通常の商品と変わりません。

 

女性にとっては消費者金融業者からお金を借りるというのは抵抗感が強いものです。業者としては、女性であろうとお金に困ったら自社に頼ってもらいたいと考えており、そのために女性専用の窓口を設置しています。

 

最初から女性が担当して、分からないことを相談しても返答するのは必ず女性で、何かしら問題があっても男性スタッフが電話口に出てきたりすることがありません。女性の心理的なハードルを下げるための専用窓口と考えればいいでしょう。

 

このレディースローンですが、担当者が女性という以外には普通のカードローンと変わるところはないため、消費者金融業者で専業主婦が借りられないのと同様に、ここでも専業主婦が借入できることはありません。

 

消費者金融業者の多くは安定継続的な収入がないと申し込めないことになっており、それはレディースローンでも変わりません。

 

まとめ

専業主婦でもお金を借りることは可能です。ただ、消費者金融業者は貸金業法によって専業主婦には貸せないことになっています。配偶者貸付を導入している業者も少ないというのが現状です。

 

「専業主婦でも可」となっている銀行のローンのほうが良いでしょう。