女性が安心してお金を借りる方法

MENU

女性が安心してお金を借りる方法 急な出費でも大丈夫!

 

最近は女性でもカードローンの利用者が増え、借りる目的として一番多いのが「生活費の不足を補うため」というデータがあります。ただし、毎月の不足を補うという意味ではなく、「急な出費や、なにかの理由で給料日まで待てなくなってしまった時などにお金を借りる」という事です。

 

女性がお金を借りるという事に抵抗を感じている女性もいますが、最近は女性専用ローンも充実してきました。利用限度額や金利はそれぞれに違いますが、消費者金融の女性専用ローンや銀行カードローンには女性専用の商品が用意されているので紹介したいと思います。

 

 

女性専用カードローンとは

カードローンでお金を借りるのは「男性」が多いというイメージがありますが、実は女性の利用者も少なくありません。男性が自分のためにお金を借りるのと違って、女性でも主婦は家計の一時的な不足分や、急な出費があった時、給料日までの間の生活費を補うために借りるという特徴があります。

 

最近では、貸金業者各社も顧客獲得のためのサービスに努めています。その中でも力を入れているのが「女性専用ローン」です。

 

一般カードローンと何が違うの?

一般的なカードローンでも、最初に応対するのは女性スタッフの事が多いですが、女性専用カードローンは、受付から融資実行まですべてを女性スタッフが対応してくれます。

 

女性専用ローンの申込は専用ダイヤルが用意されていて、スタッフはもちろんすべて女性です。特に初めてカードローンを利用する女性は、精神的な不安もあるので、女性に対応してもらえれば安心して進められます。

 

女性専用ローンのホームページがある

最近は、インターネットで申込をする人が増えています。そのホームページも一般カードローンと女性専用ローンとはわけているところもあります。

 

たとえばアイフルのホームページとレディースキャッシングの「SuLaLi」はまったく別のページが用意されていて、女性が安心して申し込みが出来るようなイメージで作られています。

 

消費者金融のレディースローン

大手消費者金融でレディースキャッシングが用意されているのは、プロミスの「レディースキャッシング」アコムの「レディースローン」アイフルの「SuLaLi」レイクALSAの「レディースレイクALSA」などがありますが、SMBCモビットは女性専用のカードローンは用意されていません。

 

女性専用ローンの基本情報は、女性専用だからと言って、特別なスペックになっているわけではなく、融資限度額や金利、申し込み方法などは一般的なカードローンと同じです。

 

消費者金融 金利(実質年利) 融資限度額 審査時間
プロミス

レディースキャッシング

4.5%~17.8% 500万円 最短30分
アコム

レディースキャッシング

3.0%~18.0% 800万円 最短30分
アイフル

SuLaLi

4.5%~18.0% 500万円 最短30分
レイクALSA

レディースレイクALSA

4.5%~18.0% 500万円 最短30分

 

専業主婦は利用できない

主婦がカードローンの申し込みをする時は、専業主婦なのか兼業主婦なのかによって違ってきます。2010年総量規制の完全施行から、消費者金融がお金を融資する時は「年収の3分の1以内」と制限されるようになりました。

 

そのため、パートやアルバイトで収入を得ている兼業主婦は、これまで通り申し込みが出来ますし、もちろんレディースローンで申し込む事も出来ます。

 

一方、専業主婦は、収入がないので一般カードローンの申し込みが出来ません

 

ただ、消費者金融には総量規制の対象外になる「配偶者貸付」が利用できるところであれば申し込みが出来ます。

 

配偶者貸付とは

2010年貸金業法の改正で、総量規制が完全施行されるようになったため、消費者金融や信販会社が融資する時の限度額は、「年収の3分の1以内」と制限されるようになりました。

 

そのため、パートやアルバイトなどで収入を得ている兼業主婦などの場合は、これまで通り申込が可能ですが、無収入の専業主婦は消費者金融での借入は厳しくなっています。

 

消費者金融で専業主婦が融資を受けられるのは、「配偶者貸付」を取り入れている消費者金融になります。

 

「配偶者貸付」は総量規制の対象外になるので、収入のない専業主婦でも申込みが可能ですが、申し込みするにあたって、「配偶者貸付」は本人名義で申込みはできない事や、申込には配偶者の同意が必要なので「主人に内緒で」という事は出来ません

 

たとえば「レディースフタバ」は中小消費者金融ですが、満年齢20歳以上70歳以下なら申し込みが出来ます。利用金利は14.959%~19.95%、融資限度額は10~50万円となっています。

 

レディースフタバは配偶者の同意書及び配偶者との夫婦関係を証明できる書類(婚姻関係証明書など)を提出すれば、配偶者の年収の3分の1までの借入れができるようになります。

 

ちなみに中小消費者金融の「ベルーナノーティス」は金利4.5%~18.0%、融資限度額は最大で300万円まで「キャッシングエニー」は5.0%~20.0%、融資限度額は最大で100万円まで利用できます。

 

 

この制度を取り入れている消費者金融なら、専業主婦でも申込みは出来ますが、大手消費者金融は
消費者金融 利用条件
プロミス 安定した収入がある方
アコム 配偶者の同意以外に申込者に安定した収入がある事
アイフル 契約者に収入がなければ、新規での契約は不可
SMBCモビット 申込者に安定した収入がある事
レイクALSA 安定した収入のある方

 

などの条件があるので、現状は専業主婦がカードローンを申し込む事は出来ません。

 

ただ、銀行カードローンの中には専業主婦専用のカードローンが利用できるところがあるので、まったくお金が借りられないというわけではありません。

 

専業主婦が申し込めるのは銀行カードローン

銀行カードローンは、銀行法が適用されるので、貸金業法の総量規制の影響は受けないので年収による制限はありません。基本的に銀行カードローンで融資を受ける時は、収入が有る事が条件となっていますが、銀行には専業主婦専用のカードローンを扱っている銀行もあります。

 

それらの銀行のカードローンなら専業主婦でもキャッシングが可能です。ただし、基本条件の一つとして「配偶者に安定した収入があること」が前提条件になります。

 

カードローン名 上限金利(年) 融資限度額 毎月返済額
イオン銀行カードローン 13.8% 50万円まで 3,000円~
楽天銀行カードローン 14.5% 50万円まで 2,000円~
ソニー銀行カードローン 13.8% 50万円まで 2,000円~
みずほ銀行カードローン 14.6%~ 30万円まで 2,000円~
セブン銀行カードローン 15.0% 50万円まで 5,000円~

 

家族にバレる心配がない

銀行カードローンは、「配偶者貸付」のように配偶者の同意書は必要ないので、夫や家族に知られずに申し込みが出来ますし、契約をするとしても、本人名義なので、夫の個人信用情報に利用状況が記載される事もありません。

 

また契約書などの書類が自宅に送られてきてバレるという事がありますが、銀行名だけが入った封書で届くので、中身を見られない限りはカードローンを利用している事がばれる心配はありません。

 

連絡先は自分の携帯に

専業主婦のカードローン申込時の在籍確認は、自宅または自分の携帯に連絡が入るので、配偶者の会社へ電話が入るという事はありません

 

ちなみに、連絡先を携帯電話にしておけば、カードローン会社からの在籍確認や問い合わせなど、すべてが自分の携帯電話にかかってくるので、他の人が電話に出る心配もありません。

 

女性がカードローンを利用する時に注意する事

レディースキャッシングのようなサービスが利用しやすくなったという事もあり、最近ではカードローンを利用する女性は右肩上がりで増加しています。

 

しかし、手軽に申し込みが利用できるようになった一方で、注意しなければならない事もあります。

 

誰にも知られずにカードローンを利用したい

女性がカードローンを始める時、最も気になるのが知人や家族にカードローンを利用している事を知られたくないという事です。そのためにおすすめするのはスマホアプリが利用できる金融会社を選ぶ事です。

 

少し前までは、契約が平日の14:00以降になった時や、土日・祝日に即日融資で借りたい時はインターネット申し込みをして、自動契約機からカードを受け取り、カードを使ってATMから出金するという方法でした。

 

しかし、この方法近くに店舗がなければ利用できませんし、カードを受け取るためにはどうしても自動契約機へ行かなければならないので、店舗へ出入りしているところを人に見られる可能性がありました。

 

最近はカードレスでキャッシングできる大手消費者金融も増え、申し込みから融資までのすべてがスマホ1台で完結する事が可能になっています。使い方は簡単で、スマホにスマホアプリをインストールするだけで、申し込みから融資・返済のすべてがスマホアプリで完結するというサービスです。

 

スマホアプリを利用すればカードは不要なので、店舗へ出入りする必要はありませんし、アプリを使って提携コンビニATMからいつでもお金が借りられるので、これからカードローンの申し込みを考えている人は、スマホアプリが利用できる消費者金融がおすすめです。

 

レディースローンも一般ローンも注意しなければならない事は同じ

 

確かにレディースローンは女性のためのものですが、審査は一般カードローンと同じなので、申し込みをする際に注意する事は同じで

  • 申込条件はクリアしているか
  • クレジットカードや携帯電話の支払いで遅延や延滞を起こしていないか
  • 短期間に複数社へ申込をしていないか。
  • すでに他社で年収の3分の1近くの借入をしていないか。

などがあれば、審査に通る事が難しくなります。カードローンの利用を考えている人は、日ごろからこれらの事がないように気を付ける必要があります。


 

まとめ

お金で困った時は、相談窓口に相談してみるのもひとつの方法です。女性専用ダイヤルで相談すれば、お金の問題解決のために相談に乗ってもらえるので、自分一人で悩む事はありません。

 

大手消費者金融なら土日や祝日も営業していますし、女性が気軽に相談することができるので女性だからといって遠慮する事はありません。女性だからこその利用目的や、家庭や子供のため、仕事のために急な出費が必要となる場合もあります。

 

いきなりカードローンの申し込みをするのもひとつの方法ですが、まずは相談窓口へ電話を入れ、お金について悩んでいる事を担当者に相談すれば、最も適した解決方法を教えてもらえるはずです。