審査なしでお金借りたいときに取るべき3つの行動

MENU

審査なしでお金借りたい!

 

審査なしで合法な業者からお金を借りることはできません。どれだけ小さな金融機関でも、お金を借りるにあたっては審査があります。

 

審査なしで貸すというのは、すべて非合法な組織、いわゆる闇金です。闇金に関わると生涯にわたって苦しめられるので、絶対に利用しないようにしましょう。

 

 

審査なしの業者が存在しない理由

法律的な根拠がある

審査なしの合法な消費者金融業者は存在しません。闇金のような違法組織は審査なしでお金を貸すことをしますが、正規に登録されている業者から審査なしで借入することは不可能です。法律では「貸出には厳密に審査しなければならない」という文言はありません。

 

ただ、契約する時の審査に関する項目で詳しく定めています。

【貸金業法13条1項】
貸金業者が貸付の契約を締結する際には、顧客の収入などの資力、信用、借入状況、返済計画などに関する事項を調査する。

 

【貸金業法13条2項】
貸金業者が個人と契約する際には、指定信用情報機関を利用して調査を行う。

 

【貸金業法13条の2第1項】
調査の結果、過剰貸付や返済能力を超える貸付となるときには、契約を締結してはならない。

 

貸付をするための返済能力を調査するという部分が、審査にあたるものです。貸金業法は非常に強い法律で、一部分でも抵触していた場合には厳しい処分が下ることになっており、どれだけ小規模な業者であっても必ず遵守しています。

 

金融庁からの通達内容

1.貸金業法の基本

貸金業法は2006年に改正されています。

 

改正のポイントとなったのは以下の3つの項目です。
  1. 【総量規制】

    総量規制は借りすぎや貸しすぎを防止するための規制です。借入残高が年収の3分の1を超えるときには新規の借入はできなくなります。

  2.  

  3. 【上限金利の引き下げ】

    法律上の上限金利を従来の29.2%から15%~20%に引き下げています。

  4.  

  5. 【貸金業者に対する規制】

    法令遵守の助言や指導を行う国家資格のある者を営業所に置くことが必要となりました。

     

    重要なのは、総量規制と上限金利の引き下げです。この規制は個人消費者の生活を守ることが大前提となっています。借りすぎによって生活苦に陥ることを防ぐのが改正の根本的な考え方です。

 

2.貸金業法の基本的な理念

貸金業法が改正されたのは、返済しきれないほどの借金をしてしまう「多重債務」が社会問題化したからです。これを解決することを目的として新しい貸金業法が作られることになりました。審査をするのは、無理な借金をさせないという貸金業法の理念に基づいたものです。

 

「いくらお金がないからといって、返済できないほどの借金をしてはいけませんよ」というのが貸金業法の基本的な考え方です。審査はお金を貸さないためにするのではなく、消費者の生活を守るために実施されているものです。

 

3.対象となる貸金業者とは

貸金業法で対象となる金融機関は、消費者金融業者とクレジットカードのキャッシング枠の2つとなります。銀行は銀行法が適用され、信用金庫は信用金庫法という特殊な法律が適用されます。

 

貸金業法では審査をして、その人に返済能力があることを認めたうえで貸出をすることとなっていますので、たとえばお金がない人が知人にお金を借りるといった場合には適用外となります。もし、誰か知人や親戚などからお金を借りる際にはこういった法律は関係ないことになります。

 

とはいえ、たとえばお金を借りようとして知人から「10日で1割の利息をつける」などと言われた場合には、違法となります。

 

誰が誰にお金を貸そうと、そこには利息制限法という法律が適用されるからです。

 

利息制限法では以下のように定められています。

【借入額に対する金利】

  • 10万円未満:年率20%以内
  • 10万円以上100万円未満:年率18%以内
  • 100万円以上:年率15%以内

 

これを超えた金利で貸付することは、たとえ個人間でも違法です。いわゆる闇金と呼ばれる業者の違法性の根拠はこの利息制限法にもあります。闇金は法外な金利で貸付を行っています。

 

また、貸金業者は消費者金融業者かクレジットカードのキャッシング枠に適用されるもので、銀行には銀行法、信用金庫には信用金庫法という特殊な法律が適用されます。

 

質屋、金券ショップ、買取ショップなどのお金に関わる業務にはそれぞれに適法があり、それを遵守して運営することとされています。

 

貸金業者の審査内容

貸金業者が審査するときに重視されるのは以下の3点です。
  1. 年収や雇用形態といった個人属性に関する調査
  2. 信用情報の調査
  3. 他社からの借入件数や借入額の調査

 

個人属性というのは、その人の性別や年齢、年収、雇用形態といったステータスに関する項目のことを言います。消費者金融業者や銀行が提供するカードローンでは、コンピューターを使ってこういった個人属性を数値化して、申込者にお金を貸しても返済してもらえるのかを判断していきます。

 

信用情報も非常に重視されるポイントです。国内には3つの信用情報機関があります。ここで管理されている個人の金融履歴を閲覧して、良い履歴の人に貸出をします。過去にカードローンやクレジットカードの返済でトラブルを発生させているときには、審査では不利となります。

 

他社からどの程度の借入をしているかというのも重要な情報です。年収に比較して借金の額が多いと判断されるときには審査では不利に働きます。総量規制では年収の3分の1以上の借入はできないことになっています。

 

このように、貸金業者や銀行を利用するときには、必ず審査が実施されます。お金を貸しても返済できる人に、返済できる分だけを融資します。

 

取るべき行動その1・質屋を利用する

質屋の基本的知識

審査なしでお金を借りたいときに、真っ先に候補に挙げられるのが質屋の利用です。質屋なら審査なしで合法的にお金を借りることが可能です。品物を預けてその査定額を借りるというシステムで古くから庶民に利用されてきた歴史があります。

 

質屋は担保付き融資の一種です。担保となる物品を持参して査定してもらい、査定額を借ります。担保は借金が返済できなくなったときに没収されることになっており、俗に「質草」と呼ばれています。

 

ネットなどで検索すると、たとえばジュエリーやブランド品、腕時計などを質草として利用する質屋が数多く表示されますが、質草になるのはこういった品物ばかりではありません。家電製品や家具、万年筆などの小物、玩具なども取り扱っています。

 

質屋によって若干の違いがありますが、多くの質屋でお金を借りられるのは3ヶ月となっています。この間に全額を返済できれば預けた質草は戻ってきます。

 

一部返済で返済期間を延ばすことも可能です。返済できないときには「質流れ」といって預け入れた品物が質屋の所有物となり、店頭などで売却されることになります。

 

質屋のメリット

返済の義務がない

質屋を利用するメリットは、返済する義務がないという点です。もし質屋に品物を預け入れしてお金を借りて返済しなくても、品物が質屋の所有物になるだけで、それ以外の損失は質入れした側には発生しません。

 

品物を質入れすると質札と呼ばれる書類が発行されます。預け入れた品物と明細、返済期限が記載されているものですが、この期限内に返済しなくても催促されることはありませんし、取り立てもありません。

 

ブラックリストに入っていても利用可能

質屋は消費者金融業者でも銀行でもありません。質屋の法律にのっとって運営されている金融機関です。お金を借りるときに必要なのは担保となる物品と、本人確認書類だけです。

 

貸金業者に借入の申し込みをすると、信用情報機関に照会されてそこでブラックリスト入りしていたら契約は困難ですが、質屋にはまったく関係ありません。自己破産や個人再生の経験者でも、クレジットカードの返済を延滞している最中でも借入可能です。

 

信用情報に傷がつかない

質屋を利用してお金を借りて返済せずに質流れになってしまっても、質屋は担保として預かった品物を売却することによって利益とするため、返済されなくても質屋に損失は出ません。

 

そのため、消費者金融業者で返済できなくなった場合に発生するブラックリスト入りという事態には陥りません。

 

そもそも、質屋は貸金業者でもなければ銀行でもありません。返済しなくても、信用情報機関に「返済なし」「延滞」などといった記録が残ることはありません。

 

借入までのスピードが早い

質屋を利用するには、実際に品物を持参して査定してもらうという手順が必要です。査定にはおおよそ30分程度かかります。短ければ10分もあれば終わります。質屋から提示された金額に納得したら、交渉は成立したこととなり、すぐにお金を渡してもらえます。

 

ある意味では消費者金融業者を利用するよりも素早く現金化できます。スピーディにお金を手に入れることのできる手段と言っていいでしょう。

 

質屋のデメリット

金利が高い

質屋のデメリットとして大きいのが、金利が高いという点です。法律で定められた月利は9%です。消費者金融業者では年率表示で、たとえば10万円未満の借入では年率20%以内と定められています。

 

質屋の月利9%を年率に換算すると109.5%となり、消費者金融業者に比較すると非常な高金利になっていることが分かります。

 

審査が要らないことや、返済しなくても信用情報に傷が残らないということと併せて有利なのか不利なのか考えてみましょう。

 

基本的に来店必須

質屋のデメリットのひとつが、必ず質屋に行かなくてはならないという点です。消費者金融業者なら、ネット経由で居ながらにしてお金を借りることも可能ですし、全国各地に無人契約機が設置されているので申し込みから契約、借入までスムーズに進みますが、質屋の場合にはほぼ必ず現場に行く必要があります。

 

近所に質屋がなければ電車賃を使って出向く必要があり、時間もお金も手間もかかります。

 

取るべき行動その2・当日払のバイトをする

まずは当座をしのぐために

審査なしでお金を借りたいと思ってしまう可能性のひとつは、現在無職だからかもしれません。こういったときには「借りる」という方向ではなく、「とりあえずその日の生活費だけは工面する」という方向で考えましょう。

 

今まできちんと働いてきたが、後先考えずに退職してしまった人や、会社に行くのが辛くて精神的に参ってしまって退職してしまった人もいるでしょう。

 

自暴自棄になって闇金に手を出すくらいなら、まずは当座をしのぐために日払いのアルバイトをしましょう。うまく行けば、そこで働いて給料をもらっているということが認められて正規の消費者金融業者から借入できるかもしれません。

 

イベントスタッフ

日払いのアルバイトとして高給で取り組みやすいものとして、イベントスタッフがあります。ショッピングモールや家電量販店のキャンペーンや携帯電話などの展示会、販売会といったイベントに運営者に雇われて案内などを行うものです。

 

会場の設営や資材の運搬、片付けといった仕事もあります。グッズ販売などの接客がメインの仕事もあります。日給はどれも高めの設定ですので、狙い目と言えるでしょう。当日に現場に到着できれば良いという気軽さで可能です。

 

送迎・宅配ドライバー

運転免許証があるなら、宅配便の運送や深夜に働いている人の送迎という仕事もあります。近年では通販サイトが拡大する一方ですので、ドライバーの仕事は常に人手不足という状況です。慢性的な人手不足であるため、仕事はかなり数多くの種類が提供されています。

 

運送業界のメリットは、本人がその気ならそのまま社員として採用してもらえる可能性があることと、1日だけ働きたいという仕事の仕方でも受け入れてもらえる点にあります。

 

気軽に始められて、良ければそこに就職してもいいですし、その日の給与をもらうだけでも構いません。接客も決まりきったことをするだけで、人間関係のわずらわしさもありません。

 

日払いバイトでの注意点

1.日払いと即日払いがある

日払いバイトで注意したいのは、

  1. 「日払い」
  2. 「即日払い」

という2つの支払い方法があり、会社によって給与の支払い方に違いがあるという点です。

 

日払いは「当日払」とイコールではないことがあるので、確認しておく必要があります。

 

日払いというと厳密には給与の締日を表す言葉です。給与を1日単位で計算するのが「日払い」です。そのため、給与の支払いが働いた日の翌日以降になってしまう可能性があります。

 

これも会社によって様々ですが、給与が毎週金曜日支払いで、その週に働いた日数分を給与を金曜日にまとめて渡すという支払い方法もあります。

 

働いたその日のうちに給与が支払われるのは「即日払い」と言います。バイトを始める前に即日払いであるかどうかを確認しておきましょう。現場で手渡しされるものもあれば、仕事が終わってから事務所などに立ち寄って受け取るというものもあります。

 

2.ハンコが必要

働いたその日のうちに給与がもらえる即日払いのバイトをする際に注意したいのは、ほとんどの場合でハンコが必要になるという点です。

 

給与を渡す前に、支払内容や勤務内容について記載された書類を確認して、領収のサインをして給与を受け取るという方式になっていることが多いですが、このときにハンコを押す必要があるケースが多く、忘れると最悪で給与を渡してもらえないこともあります。

 

その他にも身分証明書が必要な事が多いので、事前に良く確認しておきましょう。

 

3.交通手段を確保しておく

常に勤務地が同じであるアルバイトと違って、日払いのバイトは毎日現場が変わることが多くあります。イベントスタッフなら、ほとんど毎日変わるでしょう。

 

事前に自宅から勤務地へ行くための経路を確認しておき、それまでの交通手段を確保することを心がけましょう。駅から徒歩圏内なのか、バスに乗るのか、また全体の所要時間がどのくらいかなど、間違いないようにしておきましょう。

 

4.外仕事が多い

日払いバイトの多くが外仕事です。オフィスワークではないため、基本的には髪型や服装に制約がありません。その代わり、野外での仕事となることが多いので、当日の天候に合わせて柔軟に対応できるようにしておきましょう。

 

昼間は暖かくても夕方から冷え込むこともあります。こまめに体温調整できるように準備しておきましょう。

 

継続的に収入を得る

消費者金融業者や銀行のカードローンの審査に通過するには、「安定して継続的な収入を得ている」ことが条件となります。無職の場合にはこの条件を満たせないために審査には通りません。ただし、パートやアルバイトでもそれが安定的とみなされれば審査には通ります。

 

ここで、消費者金融業者が重視している安定的な収入というのはどの程度を指すのかということが問題となります。

 

一般的には「勤務年数は1年、少なくとも半年は必要」とされていますが、これはそれなりの利用限度額を得るために必要な勤続年数であって、審査に通ることだけが目的であるときにはもっと短い期間でも構いません。

 

消費者金融業者にもよりますが、極端にはバイトを始めた初日でも審査には通ります。まだ1回も給料をもらっていない状態でも借入は可能です。

 

また、安定しているとみなされるためには1週間のうちある程度の日数を働く時間に充てる必要があります。業者の判断にもよりますが、最低限は「1週間のうち3日」です。毎日働いていないといけないというわけではありません。

 

コンビニでも倉庫作業でも、履歴書さえあれば無職の期間があっても働ける場所はたくさんあります。そのうち自分でもできそうなものを選んで、1週間に3日以上のシフトに入りましょう。そのうえで消費者金融業者に5万円から10万円程度の小口融資を申し込むと、審査に通過できる可能性が高まります。

 

申し込む前、バイト先を見つける前でもコールセンターに連絡すると相談に乗ってもらえます。業者とすると、自分のところでお金を借りてもらえるのであれば顧客です。

 

大手の業者はこういった相談が数多く寄せられているため、受け答えにも慣れています。その業者ではどういう基準で「安定している」「継続している」と判断するのか、おおよそのところを教えてもらえます。

 

取るべき行動その3・お金を作れるアプリを利用する

バンドルカード+Amazon

バンドルカードは、スマートフォンのアプリ上で起動するプリペイドカードです。「プリペイド」ですので、SuicaやPasmoなどと同様に事前にお金をチャージして使いますが、バンドルカードは通常のプリペイドカードと違って「後払い」に対応しています。

 

また、インターネットでのショッピングに使うのであれば即時入手が可能です。この2点を応用すれば「バンドルカードを使ってAmazonギフト券を購入して、それを金券ショップに売って現金を手に入れる」というテクニックが使えます。

 

バンドルカードのチャージ方法には通常のプリペイドカードと同様の「前払い」の他に後払いがあります。バンドルカードのアプリをダウンロードして、「ポチッとチャージ」という機能を使うと支払い期限が翌月末の後払いでチャージが可能になります。

 

この方法ではチャージ額に応じて手数料が発生します。実質年率に換算すると40%程度になってしまうため、消費者金融業者などからお金を借りるよりも高金利になりますので、この点は注意しておきましょう。

 

バンドルカードはVISAの加盟店なら自由に使うことができます。そのため換金できるものなら何を買っても構いませんが、すぐに現金を手に入れるには「EメールタイプのAmazonギフト券」が有効でしょう。

 

Amazonギフト券は一般的な金券ショップではなく、ネットの買取ショップに売却しましょう。換金率は80%から90%程度です。

 

CASH

質屋の「必ず店舗に行かなくてはならない」というデメリットを解消したアプリがCASHです。質屋は、利用者が預け入れた品物を担保としてお金を貸してくれるというシステムです。

 

借りた人は期日までに利息を付けて返済すれば品物を取り戻せますが、返済できなければ品物は質屋の所有となります。これをリアルな店舗ではなく、ネットでやれるようにしたのがCASHです。

 

アプリをダウンロードしたら、質に入れる品物を用意して品物のコンディションなどの記入してスマホで撮影して送信します。これに査定金額が付けられます。これに納得できたら現金に交換します。

 

一見するとメルカリなどのオークションサイトと変わりないようですが、オークションは買い手が付かない限りお金にすることはできません。CASHは買い手が付くかどうかに関係なく、品物をお金に換えることができるという点で、質屋的と言えます。

 

お金は銀行振込にもできますし、コンビニのローソンのLoppiを使って引き出すことも可能です。お金は借りてから返金するまでの期間は最大で2ヶ月です。

 

品物を手元に残したいというのであれば、返金手数料として15%と借りたお金を支払うことになります。質流れにしたいときには、手続きに従って品物を発送します。送料は無料です。

 

アリススタイル

アリススタイルというアプリのレンタルシステムがあります。使わなくなったものや、購入したのはいいが使っていないものを個人間でレンタルしてお金を稼ぐというアプリです。質屋ではなく、レンタルです。

 

良く利用されるアイテムには、美容関連グッズ、フィットネスグッズ、キッチン用品、扇風機や掃除機などの家電などがあります。

 

アリススタイルの利用者は、たとえばフィットネス用品を購入してみたいが、使用感が分からないので手が出ないという人です。実際に購入してみたら思っていたよりも悪かったという経験は多くの人がしています。購入したい商品をいったんレンタルして使用感を確認したいというときに利用するのがアリススタイルです。

 

ここに自分が持っている品物をレンタルとして出してお金を稼ぐことができます。自分が持っている品物で、アリススタイルでレンタルに出せるものがあったら、出品してみましょう。代理委託という形でレンタルに出すことができます。

 

レンタルしたい品物をアリススタイルに発送するだけで、撮影から貸出などすべて代理でやってくれます。時間がない人や梱包などの手間が惜しいという人にはおすすめです。

 

手数料は商品の売上金の15%、代理委託では50%となっています。家にある不要な品物でも、手放すのは惜しいというものは数多くあるでしょう。フリマアプリと違って継続的に収益を出すことも可能ですし、手放したくない品物もレンタルなら手元に戻ってきます。

 

まとめ

審査なしでお金を合法的な会社から借りることは不可能ですが、その場のお金を作るというだけならスマホ1台あれば可能です。当座をしのいだら、継続的にお金を稼ぐことを考えましょう。