親のクレカを借りるのは合法?

MENU

親のクレカを借りるのは合法?それとも違法?

 

基本的にはクレカは持ち主本人しか使えません。子供に親が納得のうえで渡しても規約違反になります。一部には見逃されている部分もありますが、厳格に判断すれば詐欺罪にまで発展するリスクがあります。

 

 

親のクレカを借りるのは契約違反

契約者本人以外のカード利用は禁止

クレジットカードに申し込みして審査に通過するとカードが発行されます。その際に約款と呼ばれる書類が同封されます。約款は小さい字でこまごまと書かれているため、なかなか読もうという気にはなれませんが、ここにははっきりと「クレジットカードは契約した本人以外が利用してはならない」と記載されています。

 

街で買い物する際に、クレジットカードを使ってわざわざ本人かどうか確認されることはありませんし、通販サイトならカードさえあれば番号を入力するだけで誰でも使えますが、家族が代理でそれを入力したり、街中で買い物に使ったりすることは禁じられています。

 

本人以外の利用は絶対にしてはならない違反行為です。かつて、親のカードを子供が勝手に使って散財したことがニュースになったことがありますが、これは持ち主にも責任があるとされています。親のクレカを使って子供がお金を借りるなどは、まったくあってはならないことです。

 

トラブルが起きても補償されない

クレカに関するトラブルの多くは契約者本人に責任があります。もし紛失してしまったら、すぐに届け出ておかないと不正に利用された際の証明ができません。

 

そのため、たとえばカードを他人に貸して利用した場合になにか不都合が起きても、それは本人の責任として問われます。他人に貸した際に以下のようなことが起きても、カード会社は補償は一切してくれません。

 

  • 貸していたカードを紛失されて不正に利用された。
  • カードを貸して1万円までと言ったのに、限度額いっぱいにまで使われた。
  • 貸してきたカードの利用がショップに発覚して警察に通報された。

 

このようなケースではすべて、貸したほうの責任となります。 

 

通常のケースでは、盗難にあって不正に利用された場合には盗難保険が適用されます。そのため、被害額はカード会社が補償してくれますが、こういった場合では「他人に貸す」という契約違反をしたため、カード会社は補償しません。

 

本人が勝手に規約違反をしたとき、他人が利用したクレカのトラブルはカード会社に責任はありません。補償なし、保険なしです。利用方法を偽っても、カード会社が調査すれば、おおよその不正利用は発覚します。

 

親のクレカを子供が勝手に持ち出して使ってしまったというケースでも、カード会社に責任は問われません。そのような事例は数多くあります。

 

契約違反でカード利用停止も

クレジットカードの持ち主が知ったうえで他人にカードを貸すとしたら、たとえば夫婦や子供、友人などでしょう。まったく知らない人に貸すことはまずあり得ません。そのため、何か不都合があった際も少しは考慮してくれそうですが、実際にはまったく配慮してくれません。

 

親のクレカを子供が借りて、何か不正に利用されたとしても「貸した時点で契約違反」となるからです。

 

契約者が勝手に子供などにカードを貸して使わせたということをカード会社が知った場合、カード会社は即時の利用停止をして良いことになっています。

 

理由は以下のようなものです。
  • クレジットカードの所有権はカード会社にある。
  • クレジットカードは貸与されているものである。
  • 貸与されたカードの使用規則は契約事項として通知している。
  • 契約に違反すれば、貸与の取りやめが可能である。
  • 利用残高を一括で請求することもカード会社はして良い。

 

かなり厳しい規則となっています。親のクレカを子供が借りるというのは、ありそうな話ですが、実際には絶対にやってはいけません。契約違反のときには利用が即時停止されて、今まで使った額を全額一括で請求されます。

 

支払えなければ個人信用情報機関に登録され、ブラックリスト入りするリスクもあります。軽い気持ちで子供に貸すのは非常に危険です。

 

カード裏面のサインの偽造も違反

クレジットカードを使う際には、カードの裏面に契約者本人が名前を署名することになっています。書いていなければ通常はクレジットカードは使用できません。お店のほうでも、しっかり確認してからカードリーダーに通すように店員を指導しています。

 

署名は漢字・ひらがな・ローマ字のどれでも構いませんが、必ず本人が署名することになっています。

 

この点を拡大解釈する人がまれにいます。親のカードを借りた子供が自分の名前を書いてしまうという勘違いです。

 

驚くような話ですが、実際にやってしまった人は以下のように考えていました。
  • 貸した子供が使うので子供の名前を書かせた。
  • もしカードの所有者を問われても、署名したのは子供自身なので問題ない。
  • 親が契約したカードだが、利用しているのは子供のほうだと身分証明書を使えば証明できる。

 

一見筋が通っているようですが、これは大きな間違いです。カードには元々、ローマ字で契約者の名前が印字されています。これと一致する氏名を裏面に署名しなければなりません。

 

日本ではまだ本人確認に対する意識が低く、セキュリティへの関心も低いため、このような状態でもカードは利用できますが、決してやってはいけません。もし海外でやってしまったら、盗難カードと思われて警察に通報されます。

 

暗証番号を教えるのもNG

クレジットカードにも暗証番号を設定しますが、この管理は非常に厳しく行う必要があり、他人に番号を教えるのも違反行為になります。たとえば以下のようなケースの場合、カード会社は何も補償してくれません。

 

  • クレカを子供に貸した。
  • その子が使えるよう暗証番号を紙に書いて渡した。
  • そのカードと暗証番号を書いた紙が盗まれて、不正に利用された。

 

このようなケースではまったくカード会社に責任はありません。このような状況でカード会社が補償をするのであれば、何度でも同じことをやって騙すことに可能になってしまいます。

 

もし本当にカードを盗まれて、暗証番号も知られてしまった状態でクレジットカードのキャッシング枠がすべて使われてしまったとしても、一切の補償は受けられません。

 

かつて、クレジットカードを家族が勝手に使ったことによって、これを詐欺罪として告訴できるとした事例もあります。クレジットカードを子供に貸してはいけません。必要なときには、自分自身が子供と一緒に買い物に行って支払ってあげるべきです。

 

使った本人は詐欺罪?

多少複雑になりますが、子供が親のクレカを使ったために詐欺罪に発展する可能性もあります。

 

  • 子供が親のクレカでバッグを買った。
  • バッグに傷が付いていたので交換を依頼した。
  • ショップでは返品できないと言われたので、カードのショッピング保険を利用した。

 

このケースでは何も問題はないようですが、実はこの保険の請求が詐欺にあたるリスクがあります。

 

ショッピング保険を適用させるためには、クレカを利用した履歴が必要になります。ここでショップで書いたサインがカードの持ち主でないことが発覚したときに厄介な事態になります。ショッピング保険を適用させるための資料に偽りがあるからです。

 

本人以外がクレカを使って、さらにそれを返品して保険金を取ろうとしているということになります。ショップや保険会社、カード会社を騙して保険金を詐取しようとしたという扱いになりかねません。もしこれで保険金がもらえるのなら、それを悪用した詐欺が横行することになるでしょう。

 

家族カードを申し込もう 

実際には、親のクレカを子供が借りて買い物をするということは頻繁に行われています。子供名義のカードを作るのは時期が早いが、かといって現金を持たせたくもないという場合に、良く使われています。それなら、思い切って家族カードを申し込んでみましょう。

 

家族カードの申し込み条件

家族カードは、クレジットカードを所有している本会員の家族を対象に発行されるカードです。1枚のカードを共有するのではなく、家族1人につき1枚を個別に発行します。申し込むことのできる条件は以下のようになっています。

 

  • 本会員の配偶者、または高校生を除く18歳以上の子供、または両親
  • 本会員と生計を同一にすること
  • 本会員と同一種類のカードのみが発行される
  • 本会員の利用限度額の範囲内で利用する

 

注目したいのは、利用限度額です。

 

本会員の人が父親だとして、その父親が契約している利用限度額が50万円だった場合に、妻と子供2人のカードを申し込むと4人で利用できる限度額が50万円ということです。確かに1人で1枚ですが、カード単独の利用限度額の設定はありません。

 

あくまでも父親が契約している限度額に付属しているという扱いです。個別に設定するわけではないので、利用するときには家族で話し合っておく必要があるでしょう。

 

父親が趣味としているものに30万円使ったら、家族3人の利用枠は20万円になります。大きな買い物をする際に、家族同士で話し合っておく必要が出てきます。

 

家族カードはすでに所有している本会員のカードに付属させて申し込みもできますし、本会員カードと家族カードをまとめて申し込むこともできます。

 

家族カードにしておくと、たとえば子供に使わせたときにお小遣いの管理にもなります。どこで買い物をしたのか分かってしまうので、子供のプライバシーには配慮が必要です。

 

家族カードは年会費が安い

家族カードのメリットは、年会費が安いという点です。本会員のカードがもし年会費無料のものなら、家族カードも年会費は無料です。

 

年会費が必要なカードでも、家族カードは年会費無料や半額以下の設定になっていることが大半です。これは夫婦でカードを使うときにも便利です。

 

たとえば夫婦でアメリカン・エキスプレスのクレジットカードに申し込むと、2人とも本会員であるときと夫が本会員で妻が家族カードときで会費に違いが出ています。

 

夫の年会費 妻の年会費 合計
夫婦とも本会員 12,000円 12,000円 24,000円
夫が本会員・妻が家族カード 12,000円 6,000円 18,000円

 

1年の差額が6000円ですから、10年使うと6万円の差になります。長く使うのなら、この差額は無視できません。

 

便利な保険が自動付帯

クレジットカードには、会員サービスとして色々な保険が付帯します。

 

  • 海外旅行傷害保険
  • 国内旅行傷害保険
  • ショッピング保険

 

クレジットカードによって保険の内容や補償額は変わりますが、旅行していたときに負ったケガや病気、携行品の私損害、盗難、カードで買った商品の破損などの補償してくれます。

 

ネットショッピングでの不正利用にも対応しているものがほとんどです。家族カードは年会費が安いですが、本会員のカードと同程度の保険が付帯します。

 

たとえば大学に入った子供が海外旅行に行くときに家族カードを作っておけば、経費の管理にもなりなすし、サービスも同様のものが受けられるのでお得感があります。カードによっては付帯サービスが豪華のものもありますが、そのほとんどは家族カードでも付帯します。

 

親カードを持つ本会員への一括請求

クレジットカードの利用では料金を引き落とす銀行口座を用意しますが、家族カードの利用料金も本会員カードの請求先の口座から引き落としになります。一括で請求されるので支払いの管理が簡単になります。

 

子供が買いたいものがあるときに、いちいちお金を渡すこともなくなります。子供に現金を渡して外に買い物に行かせるのも危ないと考える人も多いでしょう。そういった心配もなくなります。子供のほうも、値段で買いたいものを諦める必要が少なくなりますので、家族に感謝するかもしれません。

 

家族のカード利用料金もすべて把握できるため、利用可能残高が常に確認できます。家族の使いすぎを監視することも容易です。家族同士のコミュニケーションにもなるかもしれません。

 

また、家族カードで獲得したポイントは合算できます。ポイントは1人でカードを使うよりも格段に早く貯まります。誕生月にポイントサービスという制度を設けているカード会社もありますが、それも本会員カードにどんどん貯まっていきます。

 

何かあったときにポイントを使ってお得に買い物をすることができます。

 

子供は審査不要

通常、クレジットカードの発行には審査が必要です。カード会社が定める審査の基準にパスしないとカードは持てません。専業主婦は安定した収入がないので、カードの発行ができないことも多いですし、学生が審査の厳しいカードを持つのは高いハードルがあります。

 

家族カードの場合には本会員の信用力で発行されるので、子供や妻のほうが審査されることはありません。何の収入もない妻や子供にも安心できるステイタスの高いカードを持たせることが可能です。

 

すでに所有しているカードなら家族カードはほとんど問題なく発行されます。本会員カードと家族カードを同時に申し込むときには、本会員のほうが審査に通らなければ家族カードも発行されないので注意しましょう。

 

変わった事例のようですが、成人した子供が親のために家族カードに申し込むというケースもあります。今までまったくカードを作ったことのない高齢の人は、金融関連の利用実績がまったくないことがあり、そのような人が単独で申し込みをすると審査に通らないことが多く、そういった際にも利用できるのが家族カードのメリットです。

 

ゴールドカードでハイクラスのサービスを

家族カードは親カードである本会員カードのステイタスが高いほど、受けられるサービスの質の良さが実感できます。

 

たとえばアメリカン・エキスプレスのプラチナカードを父親が持っているとき、子供もプラチナカードの家族カードを持てます。このプラチナカードはインビテーションというアメックス社からの招待を受けないと所持できないステイタスの高いカードです。誰もが持てるというものではありません。

 

年会費も10万円以上しますし、非常に高価なカードですが、家族カードは4枚まで無料で発行されます。ちょうど妻と子供3人で4枚になります。家族カードもプラチナですので、本会員カードとほとんど同じサービスを受けることが可能です。

 

父親の家族カードとして18歳の学生がアメリカン・エキスプレスのプラチナカードを所有できることになりますので、考えられないほどお得な状況になります。

 

海外旅行をすると、その威力が実感されるでしょう。アメックス社のカードは高いステイタスがあり、グレードごとにサービスはどんどん豪華になっていきます。若いうちから良い体験をさせてあげることができます。父親の威厳も上がるでしょう。

 

利用限度額は?

注意しておきたいのは、利用限度額は本会員カードで設定されるという点です。もし妻のカードを1枚、子供のカードを1枚発行すると1つの家族で3枚のカードを利用することになります。

 

単独で3枚のカードをそれぞれ利用するとき、限度額もそれぞれに設定されますが、家族カードではカードの枚数で本会員カードの利用限度額を割ったものがおおよそ1枚の限度額となります。

 

  • 単独で限度額50万円のカードを発行すれば3枚の合計は150万円。
  • 本会員カードと家族カード2枚を発行しても、本会員カードの限度額は変わらない。
  • 3枚を平均して利用すると1枚あたりの利用限度額はおおよそ17万円となる。

 

家族カードではキャッシング不可

本会員カードでキャッシング機能が付帯していても、家族カードでは利用できないケースのほうが多いです。

 

たとえばショッピング枠が50万円、キャッシング枠が20万円だとすると、申込者本人はこの設定を問題なく利用することが可能ですが、家族カードのときにはキャッシング枠利用は通常ゼロです。

 

これには法律が関係します。ショッピング枠には「割賦販売法」が適用されますが、キャッシングには別の法律である「貸金業法」が適用されます。貸金業法は厳しい法律で、利用には収入があることが大前提となります。

 

本会員に収入があっても、家族に収入がないときには利用が制限されるケースが多く、特に18歳以下の子供に持たせるカードではキャッシング枠は利用できないと考えたほうがいいでしょう。

 

配偶者のみキャッシングできるなどの条件が必ず付いてくるはずです。

 

子供が18歳なら本人名義のカードを

未成年でも作れるカードがある

家族カードの多くが、子供に持たせる場合には18歳までと規約に記載されています。それでは18歳になったらカードは持てないかというと、そうではありません。18歳や19歳にはその年齢向けのカードがあります

 

18歳は高校を卒業しており大学に入学する年齢で、これから社会人になるための時期です。多くのクレジットカードが18歳以上であれば作ることができます。ほとんどのカードは申し込み資格を「高校生を除く18歳以上の人」としています。

 

カード会社や銀行も若い人を積極的に取り込んでいきたいという考えがあります。そのため、社会人になったら途端に審査が厳しくなるカードでも大学生なら容易に加入できるということも起こっています。クレジットカードには、その人が最初に持ったものを長く愛用するという性質があります。

 

18歳で加入して60歳まで使い続けてくれれば、42年間使ってくれるということです。毎月の利用額が少なくても、充分に利益につながると銀行や信販会社は考えています。大学に入学して仕送りをもらうために銀行に口座を開設に行くと、高い確率でクレジットカードを作るよう強く勧められます。

 

注意したいのは、以下の点です。
  • 18歳ではクレジットカードにキャッシング機能を付帯できない。
  • 発行にあたっては親権者の同意書が必要なケースが多い。
  • 親権者に確認するため発行が若干遅い傾向がある。
  • 過去に延滞や滞納があると作れないことがある。特にスマホの料金滞納には注意が必要。

 

その人がメインとして使う銀行で、なるべくメガバンクのカードが良いでしょう。三井住友銀行や三菱UFG銀行などです。こういった銀行のカードはステイタスが高いですし、社会人になってからランクアップするのも容易です。

 

MUFGカードイニシャル

MUFGカードイニシャルは、三菱UFGニコスが発行しているクレジットカードです。若い人におすすめできるカードです。イニシャルという名称通り、初めて持つクレジットカードとして理想的です。

 

三菱UFG銀行を保有するMUFGグループは信頼性が高く、安心感があります。

 

基本的なスペック
  • 年会費→年会費は1350円です。ただし学生の人は在学中は年会費は無料です。家族カードは年会費432円、ETCカードは年会費はずっと無料です。
  •  

  • ポイント還元率→基本的にポイント還元率は0.5%です。毎月のショッピングクレジットの利用額1000円ごとに5pt付与されます。1p=1円相当として利用できます。ポイントの有効期限は2年で、優遇制度もあります。
  •  

  • 決済ブランド→決済ブランドはVISA、Master、JCB、American Expressから選択可能です。どのブランドを使っても年会費は変わりません。

 

主な特徴

貯まりやすいポイント制度です。入会特典、月間利用に応じた優遇制度、海外利用での優遇制度があります。海外旅行傷害保険→海外旅行傷害保険が自動的に付帯します。短期の留学などでは追加で他の保険に加入する必要がないくらいには充実しています。

 

カードが発行されて5年経つと、自動的にMUFGゴールドカードに更新されます。同世代のなかで最も早くゴールドカード所有者になれる可能性があります。国際的にステイタスが高いアメックスブランドを選択できます。

 

楽天カード

楽天カードは今や国民的なブランドとして定着しています。豪華なポイントプログラムで有名な楽天市場での使い勝手は非常に高いと言えるでしょう。申し込みから最短で3営業日での発行も可能で、遅くとも1週間あれば受け取れます。

 

審査の難易度が低く、他のカードではダメだったという人でも申し込めます。

 

基本的なスペック

年会費→楽天カードは年会費はずっと無料です。追加で家族カードを発行しても無料となっています。ETCカードを付帯するには年会費540円がかかりますが、楽天会員のランクがプラチナかダイヤモンドの人は無料になります。

 

ポイント還元率→ポイント還元率は1%です。カード利用100円ごとに1ptの楽天スーパーポイントが貯まります。楽天カードは高還元率カードの元祖的な存在で、ポイント目当てに加入する人が多いカードです。街のコンビニやスーパーマーケットでの買い物しても貯まりますし、ネット通販でも貯まります。

 

楽天市場では頻繁にキャンペーンが開催されており、それに参加することでどんどん貯まります。

 

VISA、Master、JCBの3つから選択できます。海外でも利用するなら、VISAかMasterを選択したほうが良いでしょう。

 

主な特徴

楽天カードは楽天グループ内で使うとぐっとお得に使えます。楽天カードで楽天市場で買い物すると、常にポイント還元率は2%以上になります。多くの会員限定キャンペーンが随時実施されており、1枚持っておいて損はないカードです。

 

楽天カードでは、良くある銀色の券面のデザインのほか、ディズニーやFCバルセロナなど様々なデザインが選択できます。楽天唯一の弱点といってもいい券面デザインですが、選び次第でダサいのを回避できます。

 

楽天グループの商品はグループ内での利用に相性良く作られています。楽天カードは楽天銀行の利用でポイント還元がありますし、加盟店での利用でお得になります。

 

三井住友VISAデビュープラス

三井住友VISAデビュープラスは、三井住友カードが発行している18歳から25歳以下限定のカードです。世界中で信頼のあるVISAブランドを代表するカードと言われています。三井住友のカードはステイタス性が高く、審査の難易度が高いことで知られています。

 

唯一、この若者向けだけが柔軟な審査をすると言われており、社会人として過ごす将来のことを考えると賢い選択と言えるかもしれません。

 

基本的なスペック

年会費は1350円となっています。初年度は無料で、2年目以降でも年に1回以上使えば無料になるので、実質無料と考えられます。

 

基本の還元率は1%です。銀行系のカードとしては異例の高いレベルとなっています。カード利用1000円ごとに2pt(10円相当)のポイントを獲得できます。

 

社会人は10万円から80万円、学生は10万円から30万円の設定です。決済ブランドは、VISAのみ。

 

主な特徴

三井住友グループは日本を代表する大企業で、歴史があり信頼できるブランドです。世界で使われているVISAブランドを日本で初めて導入した会社です。「初めてクレジットカードを作るならこれ」とおすすめできるカードです。

 

三井住友VISAデビュープラスを保有していて、年齢制限の満26歳になると自動的に三井住友VISAプライムゴールドに更新されます。

 

まとめ

たとえ親とはいっても、他人名義のクレジットカードを使うのは規約違反です。家族カードを作って子供にもたせるようにしましょう。18歳以上なら自分の名義のカードを作れます。