債務整理をした人がお金を借りる方法、おすすめは中小消費者金融

MENU

債務整理をした人が中小消費者金融お金を借りる方法

カードローンは手軽にお金が借りられる便利なシステムですが、手軽に借りられるために借り過ぎてしまい、お金の返済が出来なくなり、やむをえず債務整理をしたという人も少なく在りません。

 

債務整理をすると、一定期間はお金が借りられなくなると言われていますが、債務整理中にどうしてもお金が必要になった時はどうすればよいのでしょう。債務整理をした人でも、お金を借りる方法はあるので、その方法を紹介します。

 

 

債務整理とは

債務整理とは、借金の減額や、支払いに猶予を持たせる事により、借金で苦しんでいる生活から解放されるための手続のことです。

 

債務整理は

  1. 「任意整理」
  2. 「特定調停」
  3. 「個人再生」
  4. 「自己破産」

の4種類あり、債務状況や、自身の生活環境に合わせた整理方法が選べます。

 

任意整理

任意整理は、弁護士や司法書士に依頼して、債務者(ローン会社)に借金の減額や金利の引き直しなどを交渉してもらう事で返済金額を減額してもらったり、生活に支障のない範囲での返済に変えてもらったりする債務整理の手続のひとつです。

 

ちなみに任意整理をした結果、過払い金が発生していた事がわかると、過払い金請求により、払い過ぎていたお金を取り戻すことができます。任意整理は他の手続と違い、裁判所を通さずに貸金業者と交渉を行うのが特徴です。

 

特定調停

特定調停とは、借金の返済が続けることが困難になった利用者が簡易裁判所へ申し立てをし、債権者(貸主)との話し合いに入り、返済の負担を軽くしてもらうなどの合意が出来るように働きかけてもらい、債務者が借金を整理して生活を立て直せるよう支援する制度です。

 

特定調停は、任意整理と同様に債権者から取引履歴を開示してもらい、契約した当初にさかのぼり、金利の引き直し計算をします。引き直し計算によって減額された元本をもとに分割して返済していくことになります。任意整理と違うのは、特定調停は裁判所が関与します。

 

民事再生

個人民事再生とは、現在の債務状況が返済困難であることを裁判所に認めてもらい,減額された借金を3年間の分割で返済していく手続です。減額後の借金が完済出来れば、再生計画の対象となった借金は、原則として法律上返済する義務がなくなります

 

個人民事再生の場合は、自己破産のように、借金の全額がなくなるわけではありませんが、自己破産のように高価な財産(主に住宅)が処分されることもないというメリットがあります。

 

自己破産

自己破産は財産がないために支払ができない事を裁判所に認めてもらえれば、借金の支払義務が免除されます。自己破産は住宅や車などの高価な財産は手放さなければなりませんが、今後の収入は生活費に充てることができます。

 

また、戸籍に債務整理をした記録は残りませんし、就職活動に支障が出たりする事はありません。家族が保証人になっていない限りは、家族にも影響が出ることはありません。

 

債務整理をしてもお金は借りられる?

結論から言うと「債務整理をしたらお金は借りられない」という決まりはないので、自己破産中以外なら借りられる可能性はあります。

 

債務整理中でも

  1. 「任意整理」
  2. 「個人再生」
  3. 「特定調停」

ならお金を借りられる可能性はあります。

 

これら3つの債務整理は借金を減額したうえで返済を続けるという方法ですが「自己破産」は裁判所に申し出て、借金を0「ゼロ」にしてもらう整理方法なので、免責が出るまでにお金を借りる事は違法ではありませんが、借りた事がバレると、免責許可が下りず自己破産が出来なくなるので、自己破産をした場合は、免責許可が出た後なら貸してもらえる貸金業者もあります。

 

申込をする時は業者選択が重要

一般的にお金を借りる時はは消費者金融や信販会社、銀行などで申し込みが出来ますが、債務整理をすると信用情報機関に事故情報が記録され、5年~10年間の間は事故情報が消えません

 

事故情報が消えないと、新たな借り入れが出来る事はほとんどありませんが、事故情報が登録されていてもお金を貸してもらえる業者はあります。

 

 

消費者金融には「プロミス」や「アコム」「アイフル」「SMBCモビット」「レイクALSA」のような大手と呼ばれる消費者金融もあれば、地元を中心にして貸金業を営んでいる中小消費者金融と呼ばれる業者も存在します。

 

債務整理をすると、大手の消費者金融で融資してもらうのは難しいですが、中小消費者金融や、開業して間もない消費者金融なら借りられる可能性があります。

 

中小消費者金融ってどんな業者?

消費者金融には企業と同じく大手と呼ばれる消費者金融もあれば、中小消費者金融と呼ばれる消費者金融もあります。中小消費者金融は、大手消費者金融のようにコマーシャルを流し、全国的に知られている業者ではありません。

 

中小消費者金融は、名前もあまり知られていない小さな貸金業者で、従来から地元密着型で貸金業を営んでいる正規の消費者金融の事です。

 

貸金業法の改正前は地元を中心にとした地域密着型で事業展開をしていましたが、インターネットの普及で、地元だけでなく全国展開をするようになり、全国から申込を受け付けるようになった業者も増え、債務整理中でも即日融資が可能な業者もあります。もちろんこれらの業者は、都道府県にも登録を済ませた正規の貸金業者です。

 

顧客対象は

中小消費者金融の顧客対象は、大手の審査に通らなかった人や、過去に債務整理などを起こした人も顧客対象にしているところもあるので、そのような中小消費者金融なら融資してもらえる可能性があります。

 

大手消費者金融と審査方法が違う

大手消費者金融の審査と中小消費者金融の審査方法は大きな違いがあります。

 

大手消費者金融の審査方法

大手消費者金融や銀行カードローンの審査方法は、コンピューターを使って審査を行います。申し込みをすると仮審査で「融資が可能か、いくらまで貸せるか」という判断がわずか数分で結果が出るようなシステムです。

 

たとえば、申込者の収入や年代や勤務状況などの属性データを入力し、これまで蓄積されたデータの中からよく似たデータを抽出し、そのデータが優良顧客に近ければ、融資の可能性は高くなります。

 

反対に、信用情報機関の個人情報に、延滞や債務整理などの事故履歴が記載されていると審査は即終了となります。このように、大手消費者金融の審査方法はスピーディですが、マニュアル通り進められるので、データにそぐわなければ、即断られます。

 

大手消費者金融は債務整理などの金融事故を起こした人への融資はリスクが高くなるだけなので、あえて審査を通す事はありません。

 

中小消費者金融の審査方法

中小消費者金融の審査は、大手のように大がかりなコンピューターシステムを導入しているところはほとんどありません。審査方法は昔から行ってきた対面形式や電話での審査としているところがほとんどです。

 

中小消費者金融も自社の基準に基づいて審査を行いますが、大手の審査と違って、過去のデータだけにとらわれるのではなく、現況を重視した審査を行っているところが多いようです。

 

たとえば、債務整理をしたことがあれば信用情報機関の個人情報に、事故情報として記録が残りますが、大手の場合個人情報を照会した時点でほぼ審査に通る事はありません。

 

しかし、中小消費者金融は、事故情報以外に現状の収入状態や生活環境も詳しく聞き取りをして、間違いなく返済が出来るという事が確認できれば融資をするという業者もあります中小消費者金融の審査は、過去に金融事故を起こしていても、現在の状況に問題がなければ審査合格の可能性はあります。

 

中小消費者金融を選ぶ時のポイント

中小消費者金融の中には、都道府県知事に登録をしている正規の中小消費者金融に混じって、登録をしていない「ヤミ金」業者も混在します。「ヤミ金」が顧客の対象にしているのも、大手で借りられなかった人や、債務整理をした人を対象にしています。

 

「ヤミ金」はインターネット上やスポーツ紙や週刊雑誌に「断る事はありません」とか「審査なしでお金を貸します」というように、借りやすさを強調した広告を出しています。

 

それにつられて、手を出してしまうと解決するには警察にお願いするか、弁護士などに入ってもらなければ解決できなくなるので、怪しいと思ったら絶対手を出してはいけません。

 

業者の見分け方

中小消費者金融と「ヤミ金」は混在しているので、見分けがつきにくいですが、登録を済ませている正規の消費者金融と「ヤミ金」を見分ける方法が有ります。

 

登録貸金業者情報検索入力ページを利用する

貸金業が広告を出す時は、登録番号や所在地、名称、連絡先などの情報を必ず書くことになっています。

 

借入したい業者が決まれば、金融庁のサイトに「「登録貸金業者情報検索入力ページ」があるので、その検索ページに利用したい業者の登録番号や電話番号、所在地などのひとつを入力すれば、業者名が出てきます。

 

もし、入力した内容と違う業者名が出てきたり、検索に引っかからなかったりした場合は「ヤミ金」と思って間違いありません。

 

金利のチェック

紛らわしいのは、正規の登録を済ませた業者の中にも「ヤミ金」が存在する事です。「ヤミ金」の中には、「トイチ」や「トゴ」のように、10日で1割、10日で5割の高利でお金を貸している業者もいます。

 

お金を貸す時の金利は、法律で定められており、10万円未満は年利20%以下10万円以上100万円以下は年利18.0%以下100万円以上は年利15.0%と定められているので、金利設定が違法でないかの確認も重要になります。

 

連絡先の電話の種類

貸金業者が賃金業の届出をする時は、必ず固定電話の番号が必要です。「ヤミ金」などの違法業者の場合は、警察の取締りを恐れて特定の場所に店舗を構えていないことも多く、連絡先が携帯電話の番号にしている業者もあります。

 

このような業者は「090金融」と呼ばれていて、違法業者と判断しても間違いありません。申込をする消費者金融のホームページに固定電話の番号や住所、商号、代表者名などがきちんと記載されているかの確認も必要です。

 

いずれにしても、怪しいと感じた時は絶対に無理をせず、あきらめる勇気も必要です。

 

まとめ

最近の中小消費者金融は、大手で借りられなかった人や、債務整理をしたような「金融ブラック」と呼ばれる人にも積極的に融資をしています。

 

中小消費者金融の初回融資限度額はそれほど高くはありませんが、とりあえずお金を借りなければならないという人は大手だけでなく、中小消費者金融まで範囲を広げて探せば、融資してくれるところがきっと見つかるはずです。