お金を借りる大技林

MENU

審査なしで安全なローンがあるのかを検証!

 

ローンの申し込みで心配なのが審査でしょう。何かしらの事情があって、審査に通りにくいと考えられるときに「審査なしで安全なローンがあればいいのに」と考えてしまうことは良くあることです。

 

少額融資なら審査なしで借りられる?

そもそも審査が必要な理由

「審査なしで安全なローン」というのは存在しません。ローンではない方法で金策することは可能ですが、ローンに限っては安全に審査なしで借りる手段はないと言っていいでしょう。

 

少額融資なら審査はないのではないかと期待する人もいるかもしれませんが、ここは諦めたほうが良さそうです。

 

たとえ1万円だけ借りるというケースであっても、必ず審査は実施されます。一般的に審査でチェックされるのは以下のような項目です。

 

個人情報→氏名・性別・生年月日・連絡先

申込者の個人を特定して、申し込み条件に合致しているかどうか、連絡先があるかどうか、本人確認書類と申告した情報が一致しているかどうかをチェックします。

 

生活状況→住所・住居の種類(賃貸か、住宅ローンはあるかなど)・自宅に固定電話があるか・独身か既婚か・家族構成

申込者の生活の状況をここから推測して返済能力があるかをチェックします。年収からみて著しく支出が高いと推測されるときに審査に通過しにくくなります。

 

勤務先情報→名称・住所・連絡先・事業規模・年収・勤続年数・雇用形態・職種など

申込者の収入と返済能力をチェックします。勤務先の事業状況を確認して収入の安定性を推し量ります。金融機関には膨大なデータがあるため、その業種・職業の安定性はかなり正確に割り出すことができます。

 

信用情報→他社からの借入残高・件数・返済遅延があるか・債務整理履歴があるか

申し込みのときに借入残高や件数を申告しますが、これをさらに個人信用情報機関に照会して調べます。この項目で意図的に借入額を少なく記載すると虚偽申告として審査は否決されます。

 

重要なポイントは返済能力です。4つの項目を総合的に見て、申込者に返済するだけの能力があるかどうかを判断します。

 

少額融資でも審査はある

給料日前にどうしても生活費が足りなくなることや、緊急でお金の用立てが必要になったりすることは人生では頻繁に起きることです。このとき、「1万円くらいなら」「5万円くらいなら」審査なしで貸してくれるだろうと期待する人もいますが、実際には金額の大小に関係なく審査は実施されます。

 

たとえば、貸金業法に「総量規制」という法律があり、ここでは「貸金業では、利用者の年収の3分の1以上の貸し出しはしてはならない」と規定されています。年収300万円の人がすでに100万円を借りていたら、どの消費者金融業者であっても銀行であっても審査には通りません。

 

この総量規制は融資額の上限を設定するもので、その額目一杯まで借りられるというわけではありません。あくまで「上限」です。現在の借入や返済の状況やその人の信用度によっては年収の3分の1まで借りられないこともあります。

 

ただ、少額融資を申し込むことには一定のメリットがあります。それは収入証明書が不要というケースが多いという点です。法律上、融資希望額が50万円を超えないとき、また他社からの借入額と申込額の合計が100万円を超えないときには収入証明書は不要です。

 

少額融資を申し込むメリットはここにあります。

 

また、業者や銀行としては「新規申込者に甘い」傾向が確かにあり、総量規制に抵触していない限り、少額の融資希望額で申込をした人には審査を通しやすいと言われています。

 

審査なしのローンはないの?

ネットで「審査なし ローン」などで検索すると多くの業者がヒットします。その意味では審査のないローンは存在することになりますが、こういった業者はすべて闇金です。

 

闇金というのは、貸金業者としての認可を受けていない非合法な業者全般を指します。正規の業者であれば金融庁からの認可を受けて、都道府県に金融業者登録を行っていますが、闇金はそういったプロセスなしで貸金業を営んでいる組織です。

 

闇金は警察が取り締まりを厳しくしており、罰則も厳格に適用しているため減少の傾向にありますが、それでも数多く存在しています。闇金を利用するのは非常に危険で、被害件数は減りつつあるものの深刻な事例も数多く報告されています。

 

闇金を利用すると以下のような被害に遭います。
借入の容易さに釣られる。

「誰にでも貸します」「審査なしで貸します」「ブラックでもOK」などといった容易に借入できることをアピールする広告に釣られて手を出してしまいます。電話やチラシ、ダイレクトメールなどで勧誘してきます。お金に困っている人を巧みに探し出してメールを送りつけるなどを勧誘を行います。

 

少額融資で暴利を取り立てる。

闇金の手口は少額融資です。3万円や5万円といった貸付を行います。少額だから返済は楽だろうと思わせるのが闇金の手法です。この少額融資にとんでもない金利を付けて取り立てを行います。正規業者では年率20%以上の金利になることはありませんが、闇金は年率200%や300%という金利もあります。

 

貸付直後に取り立てが開始される。

多くの闇金は貸付から1週間~10日後に返済日を設定しています。借入期間は短いですが、金利が高いために返済額が膨らんでおり、返済は困難になります。

 

本人以外に取り立てる。

貸金業法では、貸付は本人に属するものであって他人に取り立て行為を行ってはならないことになっていますが、闇金はそうはいきません。家庭から勤務先にまで取り立てがやってきます。その方法は脅迫的で、利用者を精神的に追い詰めていきます。

 

闇金を利用するリスク

闇金の利用によるリスクのひとつに、非合法な金利があります。

 

たとえば闇金が使う金利のひとつに「トイチ」というものがあります。これは「10日で1割」という意味です。1万円を借りたら10日後に1万1000円を返済しなければならないという金利です。

 

これは1日に1%で、年率に直すと365%です。一般的な正規業者の上限金利が年率20%ですから、これは非常識なほどに高い金利と言えます。

 

また、正規業者なら以下のような取り立ては禁止されていますが、闇金は法律に関係なく取り立ててきます。
  • 正当な理由なしに早朝や深夜に取り立て行為を実行する。
  • 当な理由なしに勤務先や知人。親族に連絡する。
  • ・張り紙や看板、チラシなどを使って周囲に借金している事実を知らせる。
  • 「他社から借りて返済しろ」「非合法な職業に就いて返済しろ」などと債務者に迫る。

 

闇金は正規の業者ではないので、法律を守りません。反社会的勢力が業務をやらせているところも数多くあります。

 

周囲に借金の事実が知られてしまうと、社会的な信用もなくします。決して利用しないようにしましょう。

 

闇金を利用させないために審査がある

貸金業者や銀行の個人融資は経済に大きな影響があるため、国から責任を果たす義務があると申し渡されています。貸金業の責任は、国が定めた法律を遵守して貸金業を営むことです。

 

国が定めた規定のひとつに、利用者の返済能力の調査があります。返済能力を調べることがカードローンの審査であって、貸金業者は貸し付けを実施するときには個人信用情報機関が保有する情報を使って返済する余力があるかどうかを調査する義務を負っています。

 

お金を貸してそれに利子を付けて返済してもらうという行為を、銀行だけでなくアイフル、アコムなどの民間の企業にまで認可が下りているのは、闇金業者を利用させないためです。

 

民間企業である消費者金融業者などを利用して、返済できなくなった場合には自己破産や債務整理という方法が残されており、返済を圧縮・免除してもらえる可能性があります。

 

ところが闇金は国の法律以外のところで貸し付けを実施するので、自己破産のときに返済を免除してもらうことは困難になります。国が管理するなかで実行された貸し付けでは、最終的に国が責任を負ってくれます。

 

そうではない貸し付けに対しては国の責任外になります。

 

どうしてもお金が必要であるとき、審査が不安であるときには、どのような方法を使ってでもお金を工面したいと考える人も多いでしょう。もし逼迫しているのであれば、闇金ではなく国を頼るべきです。日本には生活が困窮している人への救済措置も数多く用意されています。

 

少額融資なら審査に通りやすくなる?

計画性があると判断される可能性がある

少額とはいえ、それが融資・貸し付けである限り審査は必ずあります。た

 

だ、少額融資には審査に通りやすいという傾向があります。この点を勘違いして「少額融資には審査がない」と考えてしまう人もいますが、そういったことはありません。

 

収入証明書の提出が不要であることもありますし、銀行によっては口座さえ開設していれば申し込むだけで審査に通過できることがありますが、何にせよ審査はあります。ただ、通りやすいというだけです。

 

少額融資は基本的に10万円以下の借入で、消費者金融業者や銀行のカードローンであれば本人によほどの問題がなければ借入は可能です。信用情報記録にデータを照会することは避けて通ることはできませんが、少額融資では比較的審査は甘くなります。

 

申し込みのときの申告内容に不備がないこと、信用情報に遅延や延滞といったネガティブな情報がないのであれば、在籍確認も実施しないで審査に通過させることがあります。

 

金融機関としては少額融資を使って顧客の拡大を狙っているからです。10万円以下の融資なら、もし本人が債務整理して借金を全額免除されたとしても業者はあまり痛みはありません。

 

それよりも、「貸してくれた」「親切な業者だ」という良いイメージを持ってもらって新たな顧客になってくれるメリットのほうを重視します。

 

少額融資の審査が通りやすい理由として、申込者が借金に対してどのような考えを持っているのか判断できるという点もあります。

 

たとえば年収が300万円ある人なら総量規制のうえでは100万円が限度額となるので、借入希望額を50万円としても問題はないはずです。

 

しかし、10万円という少額融資を希望している人に対しては、消費者金融業者や銀行は「この人は計画性がある」と判断する傾向があります。何からの急用があって少しのお金が必要であるから借入の申し込みをしたのであって、返済できる可能性が高いと判断されるのです。

 

実績や収入が足りなくてもOK

少額融資の審査が通りやすい理由として、初回契約のときの限度額範囲内であることが多いことも挙げられます。多くのカードローンでは、初回契約時の限度額は多くても50万円です。

 

通常は30万円程度が限度額でしょう。というのも、申込者と金融機関との間にまだ何の取引実績もないからです。

 

個人の消費者が、何の付き合いもない業者に対して「50万円貸して欲しい」と言われると、金融機関としても審査には慎重にならざるを得ません。そのため、最初から「10万円あれば大丈夫です」と申込者のほうから申し出たほうが審査には通りやすくなるのです。

 

また、収入があまり高くない人に対しては審査も慎重になってしまいます。毎月の収入が低い人は生活費や光熱費、家賃などの多くのお金を持っていかれます。そういった費用を差し引いた額は少なめになります。

 

金融機関としては継続してしっかり返済できるかどうかを審査しているので、収入に見合わない高額な融資は慎重です。そのため、申し込みのときに収入を申告するとともに少額を希望額とすることで、審査担当者を安心させることができます。

 

「収入は少ないが、その分希望額も小さいので審査に通そう」と考える傾向があります。

 

審査の甘い業者は限度額も低い

消費者金融業者にはアコムやプロミス、アイフルといった大手もあれば、中小の業者もいます。中小の業者は大手よりも知名度が低いため、大手では断られるような人も顧客としています。

 

貸金業界は大手の寡占状態にあるため、そういった生き残り作戦を採っているのです。そのため、中小の業者は大手よりも審査は緩めです。

 

総量規制に抵触しているレベルの人には難しいですが、遅延や延滞を繰り返している人や、過去に金融事故を起こしたことのある人にも貸出をしています。

 

こういった業者の特徴として、金利が上限金利ギリギリである点や実店舗が少ないことなどがありますが、初回の限度額が低めという特徴もあります。融資リスクを抑えて少しでも多くの人に利用してもらおうというのが、中小の業者の考え方です。

 

審査に不安のある人は、中小の業者に10万円程度の少額融資を申し込んでみましょう。中小とはいえ審査はありますし、断られることもありますが、それでも闇金を利用するよりはよほど真っ当な選択肢です。

 

審査が厳しくない安全なローンは?

まずは大手の消費者金融業者から

審査が厳しくないカードローンを探すなら、まずは大手の消費者金融にあたってみましょう。街金と呼ばれる中小の業者よりも、最初に大手です。当然のことながら、審査はありますが安全性ではやはり大手です。

 

大手のメリットは提携しているATMが多いことや、審査が早いなど多くありますが、大手になるほど社外に会社の経営状態や申込情報などを公開している点にあります。

 

貸金業界では申し込みの数に対する貸付者、つまり申し込みの通りやすさを表した数字を「新規貸付率」と呼んで公開しています。「大手 新規貸付率」などで検索すると多くのサイトがヒットしますので数字を確認してみましょう。

 

新規貸付率が高いほど審査には通りやすいと考えられます。また、新規顧客獲得の件数も大手は公開しています。その業者が年間にどの程度の数の新規の顧客を受け入れているか分かります。

 

新規顧客が増加している業者は、審査に多少不安のある人でも受け入れている可能性が高いと考えられます。審査が緩くなっていることも推測できます。

 

貸金業者としても新しいお客さんをどんどん受け入れないとやっていけません。まずは大手の業者がどの程度ウェルカムな態勢なのか確認してみましょう。

 

銀行のカードローンも検討しよう

「審査なしのローン」を探している人こそ、銀行のカードローンに目を向けるべきです。一般的には銀行のローンは審査が厳しく、消費者金融業者は審査が緩いというイメージがありますが、それは過去の話です。

 

かつては確かに銀行のローンは審査が厳しく、個人向け融資には消極的でした。しかし近年では、メガバンクから都市銀行、地方銀行に至るまで個人向け融資には非常に積極的です。

 

日本は金融緩和を受けて以降、個人がお金を借りることのハードルが下がっています。銀行としても、個人向けの融資商品を次々に投入しています。ここで登場するのが「保証会社」です。

 

銀行は主に企業向けの融資を行ってきたため、個人向け融資の審査のノウハウがありませんでした。そこで、消費者金融業者が銀行のグループ企業となって、個人融資の審査を行うようになりました。これも金融緩和政策の影響です。

 

最近銀行で提供されるカードローンは「格式のある銀行の信用力とブランドで提供されるが、消費者金融並みにハードルの低いローン」という位置づけに変わりつつあります。

 

銀行は融資のプロですので、ローン商品の開発は得意です。審査のノウハウを消費者金融業者に任せて、豊富な資金力を背景に、無担保・無保証人のローンを投入しています。

 

審査は当然ありますし、若干時間もかかりますが、安全性という点では信頼が置けるローンです。

 

ネットバンクの選び方

さらに狙い目なのはネットバンクのカードローンです。ネットバンクは、銀行や消費者金融業者のように実店舗を持ちません。その分の経費が大幅に削減されているため、ユーザーに還元する部分も大きくあります。

 

審査の難易度を下げて次々に顧客層を広げています。たとえば年収が200万円未満のアルバイトやパートであっても審査に通過できる可能性があります。

 

ネットバンクの強みは毎月の返済額が少なく設定されていることや、審査の通過率が低いこと、パートやアルバイトでも申し込み可能なことなど、数多くあります。

 

いわゆる「ブラックリストに載っている」状態でさえなければ、多少属性に不安のある人でも審査に通過できる可能性があります。

 

また、ネットバンクならではの強みとして、銀行の口座を開設している人には提出する書類なしで契約できることが多いということも挙げられます。

 

最初に口座を開設する際に、すでに本人確認書類は提示しているので、それ以上を要求しません。ここでも、少額融資を希望するのがコツです。

 

元々そのネットバンクのユーザーであって、口座を利用しており、さらに10万円以下の少額の希望額であれば審査に通過できる可能性は高くなります。

 

中小の業者も狙い目

金融事故を起こした経験があるので「審査なしのローンはないか」と探している人も多いでしょう。自己破産や個人再生、任意整理などの法的な債務整理をしたことのある人は、5年から10年の間は新たな借入契約を結ぶことは困難です。特に大手の消費者金融業者では無理でしょう。

 

それでも、利用できる可能性があるのが「街金」と呼ばれる業者です。アコムやアイフルといった全国的な大手金融機関と違って地域密着型の中小の消費者金融業者のことです。地域の自営業者や小規模経営の商店などを顧客としてきた実績のある業者が多くいます。

 

近年では個人向け融資業務に力を入れており、インターネットの発達によって全国から顧客を募っているところもあります。

 

街金は大手では相手にしてもらえない人を顧客として取り込む傾向があり、金融ブラックでも借りれることがあります。

 

借入件数が4件以上ある多重債務者でも借りれることがあります。大手の審査に通過できない状態でも、街金ならお金を借りられることがあるので、申し込みしてみる価値はあるでしょう。

 

こうした業者には以下のような一定の特徴があります。
  • 1つの都道府県内に店舗を構えている。
  • 基本的に少額融資である。
  • 金利が上限金利いっぱいの高めの設定である。
  • ブラックでも融資されるが、そのことを広告では表示しない。
  • 融資までのスピードが若干遅い。

 

街金も審査なしというわけにはいきませんが、かなり柔軟です。

 

審査なしで安全にお金を作るには?

不用品を売る

審査なしでお金を借りるのは闇金でもなければ不可能ですが、お金を安全に作ることは可能です。不用品を売却するという方法です。すでのインターネットでも数多くの方法が紹介されています。

 

売れるものは、身の回りに意外に多くあります。代表的なのは本・書籍、衣類や靴、カメラ、パソコン、DVDやCDです。有効なやり方は「まとめ売り」です。ひとつの品物の単価は安くてもまとめて売れば、生活費の足しにはなります。

 

リサイクルショップでは買取できないものはほとんどないと言ってもいいほど、何でも買い取ってくれます。ネットで不要な品物と「リサイクルショップ」や「売却」「中古買取」などのワードを検索窓に入れてみましょう。

 

まだ着られる服ならほぼ買い取ってくれますし、家具、家電、趣味の用具などは高額査定が出ることもあります。文房具やゲーム、食器など数多くの商品に値が付きます。

 

意外に高く売れるもの

不用品の買取では意外なものが高く売れることがあります。珍しいところでは、カルビーの「グランカルビー」というポテトチップスが高く売れます。

 

グランカルビーは大阪の阪急百貨店のみの取り扱いで限定販売であるため、購入価格よりも高く売れることがあります。大阪に在住の人にはおすすめの方法です。

 

この他、以下のようなものが高く売れます。
  • 古い家電でプレミアになっているもの
  • マックのハッピーセットのオマケ
  • 昔の金縁眼鏡
  • 昔のテレビゲーム機
  • デジカメではないカメラ(収集マニアがいます)
  • カメラのレンズ
  • 楽器
  • プラモデル(古いものでプレミア価格になるものがあります)
  • 資格取得教材
  • ブラウン管テレビ
  • VHSビデオデッキやベータデッキ
  • 電子辞書
  • カプセルトイ
  • トレーディングカード
  • ビックリマンシール
  • 石(形の良いもの)、流木
  • ペットボトルのオマケ
  • 家電の取扱説明書

 

現金化アプリ「CASH」

質屋のサービスをスマホのアプリで利用できるのが「CASH」です。アプリをダウンロードして、商品のブランドやカテゴリ、状態などを選択し、商品を撮影して画像をアップロードするだけで価格査定してもらえます。1分もかかりません

 

査定価格に納得できたら査定価格に手数料250円を差し引いたお金が午後3時までにコンビニの端末か銀行振込で受け取ることができます。商品は現金化した後は2週間以内に宅配業者が集荷に来てくれるので、自分で配送する手間がかかりません。

 

質屋としてではなく、商品を売却する手段としても使えます。CASHでは2ヶ月後までに査定価格に価格の15%と入金手数料を加算した金額を振り込む必要があります。それを省いて最初から商品を売却するフリマアプリとして使うと、かなりお得です。

 

注意したいのは、フリマアプリとして使う場合には最高買取価格が2万円という点です。それ以上の価格の商品はフリマアプリとして使うことはできません。明らかに2万円以上の価値があるものはCASHで出さないようにしましょう。

 

即日現金化アプリ「PICOL」

ゲームや書籍の買取にに特化した「PICOL」というアプリもあります。書籍やゲームにはバーコードが付いています。それを読み取るだけで買取査定額がすぐに判明します。それに納得できたら売却を決定します。宅配業者が自宅まで集荷に来てくれます

 

換金できるのは3000円までで、通常のオークションサイトよりも買取価格が低めに設定されることが多いですが、手間がかからない点は魅力でしょう。利用初回では、本人確認書類の提示が必要ですので、手元に運転免許証などを準備しておきましょう。

 

バーコードが付いていない商品は買取できないので注意が必要です。

 

まとめ

審査なしで安全なローンというものはありません。少額融資なら大手でも審査に通過しやすくなります。最初は10万円以下で申し込みしてみましょう。

 

大手の審査が不安なら中小業者という選択肢もあります。