カードローン審査に通らない理由|信用情報機関で扱われる情報と保有期間

MENU

審査に通らないのはナゼ?

今回は「審査に通らない理由」について考えることにしましょう。カードローンやキャッシングの審査に通らない(可決されない)のは偶然ではありません。何かの理由があって、可決できないという答えが金融機関によって出されているのです。

 

何!?カードローン審査落ちたぁ!?

 

え~何でだよ~電話して聞いてみるか

 

申し訳ございませんが審査落ちの理由はお答えできません

 

理由を知りたい場合は各金融機関の利用する信用情報機関にお問い合わせください。ここに情報開示を請求すればいいのか

 

審査に通らない理由5つ!

審査に通らない理由・金融機関が判断の基にする信用情報とは?

 

まず、審査に通らない場合は以下の原因が考えられます。

 

  • 個人情報や職場について誤った情報を送ってしまった
  • 過去の返済や現在の借入に問題がある
  • 収入と比較して無理のある借入を希望してしまった
  • 過去、債務整理や自己破産などを経験している
  • 一定の期間に複数の金融機関に融資を申し込んでしまった

 

これらの項目で「思い当たる点」があれば、早めに問題を解決するようにしてください。信用情報機関にデータが残されている限り、どの金融機関に融資を希望しても通る可能性は低いままです。

 

申込者にとっては「間違った」だけでも、審査を行う側にとってみれば「虚偽の申告」と解釈されることはあります。収入や他社からの借り入れ状況はもちろんのこと、職場の電話番号を間違って記入するというミスは失くさなくてはなりません。

 

また、現在や過去の債務状況に問題(トラブル)があると審査に通ることはありません。借入金額を多く希望することも、自己破産や債務整理の経歴があることも、複数の申し込みを繰り返すことも、同じ共通点があります。それは、カードローン側にとってリスクがある場合には審査に通らないということです。

 

また稀に、誤った情報がデータとして残されたまま放置されているケースもあります。否決される理由に思い当たる点がなければ、信用情報機関に個人情報を問い合わせるようにしましょう。

 

信用情報機関機関はどこにある?

カードローンやキャッシングなど、各金融機関の公式サイトには利用する信用情報機関が書かれています。審査に通らない場合は、これらの機関に郵送でデータの照会を依頼しましょう。

 

カードローン申込をするだけで、個人信用情報機関に登録されることは知られていないかもしれません。審査に通らなくても、また融資限度額に納得ができずに契約をしなかったとしても、申し込みをしたという情報は残ります。

 

それでは、カードローンがどこの個人信用情報機関に加盟をしているのかを確認しましょう!

 

  プロミス アコム オリックス銀行
加盟先機関 株式会社日本信用情報機構 株式会社日本信用情報機構 全国銀行個人信用情報センター
株式会社シー・アイ・シー 株式会社シー・アイ・シー  
提携先機関     株式会社日本信用情報機構
    株式会社シー・アイ・シー
共有利用機関     オリックスグループ各社

 

加盟をしている個人信用情報機関だけに情報を提供、登録、そして照会をして使用をします。加盟先機関で情報を扱う、実はそればかりではありません。提携先機関からも情報が集まります。
また、オリックス銀行においてはオリックスグループ各社とも情報を共有しています。

 

過去の債務、現在の債務によって審査が不安に感じるのであれば、利用するカードローンが加盟している個人信用情報機関に情報開示を請求すると状況の確認ができます。

 

信用情報機関で扱われる情報と保有期間

カードローンを利用するとその情報が個人信用情報機関で保有されます。しかし、一定期間の保有となっており、永久保有ではありません。
どのような情報がどのくらいの期間保有されるのか確認をしてみましょう!

 

株式会社日本信用情報機構 株式会社シー・アイ・シー 全国銀行個人信用情報センター
登録内容 保有期間 登録内容 保有期間 登録内容 保有期間
本人を特定するための情報 氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、勤務先、勤務先電話番号、運転免許証等の記号番号等 契約内容に関する情報等が登録されている期間 氏名、生年月日、性別、郵便番号、住所、電話番号、勤務先名、勤務先電話番号、公的資料番号等 契約期間中および取引終了後5年間 氏名、生年月日、性別、住所(本人への郵便不着の有無等を含む)、電話番号、勤務先等 いずれかが登録されている期間
契約内容に関する情報 登録会員名、契約の種類、契約日、貸付日、契約金額、貸付金額、保証額等 契約継続中及び完済日から5年を超えない期間 契約日、契約の種類、商品名、支払回数、契約額(極度額)、契約終了予定日、登録会社名等 ×
返済(支払)状況に関する情報 入金日、入金予定日、残高金額、完済日、延滞等 契約継続中及び完済日から5年を超えない期間 報告日、残債額、請求額、入金額、入金履歴、異動(延滞・保証履行・破産)の有無、異動発生日、延滞解消日、終了状況等 ×
延滞情報については延滞継続中、延滞解消の事実に係る情報については当該事実の発生日から1年を超えない期間 確定日、貸付日、出金額、残高、遅延の有無等 ×
取引事実に関する情報 債権回収、債務整理、保証履行、強制解約、破産申立、債権譲渡等 当該事実の発生日から5年を超えない期間 × ローンやクレジットカード等の借入金額、借入日、最終返済日等の契約の内容およびその返済状況(延滞、代位弁済、強制回収手続、解約、完済等の事実を含む) 契約期間中および契約終了日(完済していない場合は完済日)から5年を超えない期間
債権譲渡の事実に係る情報については当該事実の発生日から1年を超えない期間 × ×
申込みに関する情報 本人を特定する情報(氏名、生年月日、電話番号及び運転免許証等の記号番号等)、並びに申込日及び申込商品種別等 申込日から6ヵ月を超えない期間 氏名、生年月日、郵便番号、電話番号等 照会日より6ヶ月間 ×
照会日、商品名、契約予定額、支払予定回数、照会会社名等 ×
照会記録情報 × × センターの会員がセンターを利用した日およびローンやクレジットカード等の契約またはその申込みの内容等 利用日から1年を超えない期間
不渡情報 × × 第1回目不渡は不渡発生日から6か月を超えない期間、取引停止処分は取引停止処分日から5年を超えない期間
官報情報 × × 破産手続開始決定等を受けた日から10年を超えない期間
苦情受付コード × × 登録情報に関する苦情を受け、調査中である旨 当該調査中の期間
電話帳に記載された情報 電話帳に記載された氏名、電話番号等の情報 電話帳に掲載されている期間 氏名、電話番号、記録年月等 最終の記録年月より2.5年以内 ×
本人申告コメント情報 本人から申告された本人確認書類の紛失・盗難等の情報 登録日から5年を超えない期間 氏名、生年月日、性別、郵便番号、住所、電話番号、勤務先名、勤務先電話番号等   本人確認資料の紛失・盗難、同姓同名別人の情報がセンターに登録されており自分と間違えられるおそれがある旨等のご本人からの申告内容 本人から申告のあった日から5年を超えない期間
本人から削除依頼があった場合はその時点まで 情報登録日、申告したコメント等 登録日より5年以内(本人からの申し出により、期間内であっても削除) ×
日本貸金業協会情報 日本貸金業協会に貸付自粛依頼を申入れたことを表す情報 登録日から5年を超えない期間 氏名、生年月日、性別、郵便番号、住所、電話番号、勤務先名、勤務先電話番号等 登録日より5年以内 ×
本人等から削除依頼があった場合はその時点まで 登録日、依頼内容の種類(貸付自粛)
情報開示申し込み方法 携帯電話 パソコン 郵送
郵送 スマートフォン  
窓口 携帯電話  
  郵送  
  窓口  

 

ひと口に個人信用情報機関といっても、その機関によって取り扱う情報に違いがあることがわかります。審査では個人信用情報機関に照会されることによって、過去や現在の債務からどのようなリスクが考えられるのかも調査されており、非常に重要な審査項目です。

 

個人信用情報機関では情報開示を行うことができます。手数料は1,000円となりますが、審査対策に確認することも検討してみるとよいでしょう。

 

間違った申告は審査を遅らせる

信用情報機関のデータは各金融機関が共用します。このため、審査で間違った情報を入力・申請しても、審査で明らかになります。月収やボーナスなど収入に関する数字は、正しく記入してください。また、借入の件数や返済総額なども間違わずに提出してください。

 

正しく申請をすれば、その分審査も早く終わります。きちんとしたデータを残しておけば、金融機関に関係なく融資が可決されやすくなります。審査に不安を感じている方は、これらの項目をチェックしてから申請をしてみましょう。

今日中にお金を借りたい

申し込みをしたその日のうちに借り入れをすることも、方法を理解していれば充分に可能です。

土日・祝日にお金を借りる

平日であれば比較的可能性が十分にあると考えることもできますが、土日祝日であればどうでしょうか?

職場への在籍確認

消費者金融からお金を借りていることが同僚や上司にバレてしまうと、出世にも影響する恐れがあります。

審査に通らない理由

カードローンやキャッシングの審査に通らない(可決されない)のは偶然ではありません。