お金を借りる時の審査が不安な方へ、審査の甘いカードローンを紹介!

MENU

お金を借りる時の審査が不安!審査の甘いカードローンってあるの?

お金を借りる時、最も気になるのが「審査に通るかどうか」ではないでしょうか。

 

「消費者金融のカードローン審査は甘い」というような口コミも見かけますが、それは「銀行カードローンと比べて」という意味で、実際のところ大手消費者金融の審査は、貸金業法の改正以降は、厳しくなっています。

 

ただ、消費者金融の中には、中小消費者金融というような貸金業者も存在します。中小消費者金融の顧客対象は、大手消費者金融の審査に通らなかった人や、過去に金融事故を起こした人でも融資が受けられるようです。

 

中小消費者金融について調べてみたので「審査に通るかどうか不安」という人は参考にして下さい。

 

 

貸金業法の改正で、審査が厳しくなった

2006年の貸金業法の改正で総量規制が追加され、融資限度額に制限が加えられるようになりました。総量規制は、消費者金融や信販会社に課せられた法律で、自己破産を防ぐ目的で2010年から完全施行となりました。

 

貸金業法の改正以前は、融資限度額が決まっていなかったので、貸せると思う人にはどんどん貸し出しをしていましたが、無計画でお金を借りた利用者は、やがて返済が続けられなくなり、返済のために新たな借り入れをするという自転車操業を繰り返し、やがて多重債務者となります。

 

返済できなくなった利用者は、夜逃げや自己破産をするという事が社会問題となり、金融庁は消費者を守るという立場から貸金業法の改正を行い、借入限度額の上限を決めたのが総量規制です。

 

総量規制で審査は厳格に

総量規制によって融資限度額は年収の3分の1以内という制限を受けるようになったため、以前は無収入の専業主婦でも手軽に融資が受けられていましたが、年収がなければ融資が受けられなくなりました。

 

また、50万円を超える借り入れ希望額の場合や、他社の借入残高と借り入れ希望額を併せて100万円を超える場合は、収入証明書類の提出を求めて年収を確認するなど、融資するための手続きが厳しくなりました。

 

そのほか、お金を借りるにはある程度の属性が必要なことなど、審査内容が大きく変わっています。

 

審査で重要視しているのは

ただ、消費者金融の審査が厳しくなったと言っても心配する必要はありません。毎月の給料をもらって普通の生活をしている人であれば、パートやアルバイト、派遣社員などでも、よほど問題がない限り審査に通らないという事はありません。

 

しかし、それでも残念ながら審査に通らない人もいます。審査内容は公表されていないので、正確なところはわかりませんが、審査に通らなかった人の口コミなどの書き込みでは「安定した収入がある事」や「現在の借金の額」「過去の利用履歴」などが審査に大きく影響しているようです。

 

安定した収入があればパートやアルバイトでも可能

審査は「安定した収入があるかどうか」が重要で収入の多さより優先されます。そのためにも、同じ職場での勤続年数が重要で、勤続年数が長ければ長いほど信用度も高くなるので、最低でも一年以上同じ勤務先に勤めているという実績が重要になります。

 

年収に関しては、100万円以下であっても審査は通ります

 

消費者金融の場合は、総量規制で「融資限度額は年収の3分の1以内」という制限があるので、パートやアルバイトで収入を得ている人はあまり多くの借入希望額は期待できませんが、定期的な収入があれば問題なく融資が受けられるので心配ありません。

 

借入件数と借入残高が多いと審査は厳しい

次に重要なのが、現在の借入件数と借入金額です。総量規制では「融資限度額は年収の3分の1以内」という制限があるため、すでにそれに近い金額を借りていると新たな融資は受けられません。

 

他社借入額が多く、新たな借り入れを希望する時は、現在の借入残高を減らす必要があります。

 

他社借入の返済で延滞や遅延があるか

審査は、本人が記入した申込書と信用情報機関の個人情報に基づいて審査が行われます。申込をすると、信用情報機関へ個人情報を照会します。個人情報には、これまでのローンやクレジットカード、分割払いなどのあらゆる情報が記録されています。

 

もし、他社への返済が遅れたり、クレジットカードの返済が滞っていたりすると、一定期間を経過したのち、個人情報に事故情報として記録され、5年~7年の間は、その記録が消える事はありません。

 

新たな申し込みをすると、それらの情報もわかってしまうので、担当者は「お金を貸しても返してもらえないかも」と思い、審査はその場で終了します。

 

大手消費者金融の審査システム

大手消費者金融の審査方法は「属性スコアリング」で審査を行います。スコアリングシステムは、申込書に入力した内容をコンピューターによる自動審査で点数化し、その合計点を出します。合計点数が基準を超えていれば融資が受けられますし、点数が低いと断られる事もあります。

 

スコアリングシステムは、短時間で審査が出来るというメリットがありますが、条件に合わなければその場で審査落ちとなってしまいます。もちろん審査を通すためには申込条件をクリアしている必要がありますが、そのほかにもクリアしておかなければならない事があります。

 

  • 安定した収入がある(毎月給料をもらっている)
  • 個人情報に事故情報がない(延滞や債務整理をした事がない)
  • 他社借入は3件以下である

 

とうような条件を満たしていれば審査に通る可能性は高いです。

 

言い換えると「他社借入がなく、毎月給料をもらって普通の生活をしている」人なら審査に通るかどうかという心配をする必要はありません。

 

ただし、過去に金融事故を起こした人、いわゆる金融ブラックと呼ばれる人は「大手消費者金融へ申し込みしても審査に通らない可能性が高い」という事になってしまいます。しかし、金融ブラックと呼ばれる人でも、あまり多くは借りられませんが、融資を受ける方法はあるので心配する必要はありません。

 

金融ブラックとは

 

過去に起こしたお金のトラブルが原因で信用を失った状態の人を「金融ブラック」と言います。基本的に、カードローンやクレジットカード、分割払いで契約していると、それらの利用状況が信用情報機関の個人情報に記録が残ります。

 

お金を借りるために受けなければならない審査では、この信用情報は必ず確認され、延滞や遅延、債務整理をしたことがあると「信用できない」と判断され、事故情報が抹消される5年~10年の間は審査に通る事はありません。

 

中小消費者金融とは

消費者金融の中には、「プロミス」や「アコム」などのように大手消費者金融と呼ばれる業者以外に、中小消費者金融と呼ばれる業者も存在します。

 

中小消費者金融は、地方に存在する消費者金融で、古くから地元を中心に、まじめに貸金業を営んでいる、正規の金融業者です。

 

地域密着型の消費者金融

中小消費者金融はこれまで地方都市などで地域密着型の事業を行っていましたが、貸金業法の改正後、グレー金利返還訴訟などで大打撃を受け、破産した業者や吸収合併などで大幅に数を減らし、平成11年頃には3万社あったのが、現在約2千社を下回るまで減少しましたが、そんな中、有人店舗を減らしたり人員整理をしたりして、企業努力をかさねた結果、残っているのが現在の中小消費者金融です。

 

中小消費者金融の顧客対象

大手消費者金融や銀行カードローンで申込をしても、過去に延滞や債務整理をした金融ブラックと呼ばれる人が新たにキャッシングの申込をしても審査を受けるまでもなく、その場で断られてしまいます。

 

しかし、中堅消費者金融が顧客対象としているのは、大手で断られた人や、いわゆる金融ブラックと呼ばれる人を対象にしています。

 

最近は、インターネットの普及により、地元だけでなく全国展開をしている業者も増えているので、どこからでも申込が可能で、大手消費者金融と変わらないほどの利便性があります。

 

中小消費者金融の審査方法

大手消費者金融と中小消費者金融を比べた場合、申し込み方法や、金利、貸付条件など、それほど違いがあるようには見えませんが、明らかに違うのは審査方法に大きな違いがあります。

 

大手消費者金融はコンピューターを使い、マニュアル通りの審査を行いますが、中小消費者金融の審査は従来通りの対面形式または電話で行われる場合がほとんどです。もちろん、中小消費者金融でも、自社の審査基準に基づいて審査を行いますが、審査をするのは、過去のデータがどうかではなく、現況がどうなのかを見られます。

 

審査方法が機械式の審査ではなく、聞き取りによる審査なので、申込者の細かい情報まで聞き取ることができるので、実情に応じた審査が可能です。たとえば、過去に返済が出来なくなったため、金融ブラックとなっている人は、大手消費者金融だとまず審査に通ることはありません。

 

しかし、中小消費者金融の審査は担当者と対面形式で行われるので、過去に金融事故があったとしても、現状の収入状態や生活環境を詳しく伝える事が出来るので、状況次第で審査に通る可能性が出てきます。

 

基本的に大手消費者金融の審査に通らなかった人や、金融ブラックになっている人などを顧客対象にしているので、現況に問題がなければ融資してもらえる可能性はあります。

 

中小消費者金融ランキング

正規の消費者金融として登録されている中小消費者金融の口コミなどの情報から、上位3位を選んでみました。

 

中小消費者金融

電話番号

登録番号

日本貸金業協会

金利(実質年利)

融資限度額

株式会社アロー

03-5806-5959

愛知県知事(3)第04195号

会員第04195号

15.0%~19.94%

最大200万円

アローの審査は最短45分というスピード審査で、申込はインターネットからの申込なら24時間どこからでも申込ができ、審査時間は最短45分というスピード審査が可能なので、審査の甘い消費者金融として人気もあり、即日融資が可能な中小消費者金融です。
キャレント

03-5759-1181

東京都知事(2)第31399号

7.8%~18.0%

最大500万円

「キャレント」は通称で正式名称は株式会社IPGファイナンシャルソリューションズ「キャレント」の申込方法はネットからの申込だけで、申込から融資までのすべてが来店不要で完結するので、店舗へ出入りしている事を人に見られたくない女性や、仕事が忙しくて申込に行けないという方におすすめです。
フクホー

06-6643-2911

大阪府知事(4)第12736号

会員第001391号

7.3%~20.0%

最大200万円

以前は、自己破産者は審査対象外となっていましたが、現在は審査対象となっているので、免責が確定していれば、融資を受ける事も可能になっています。又、他社件数が多い人でも申込が可能で、属性や現状の収入状況などによって、かなり柔軟な対応をしているのもフクホーの特徴です。

 

まとめ

大手消費者金融や銀行カードローンで審査に通らなかったとしても、申込先を中小消費者金融まで広げれば、融資をしてもらえる可能性は広がります。

 

ただ、中小消費者金融の中には「絶対借りられる」とか「融資審査なし」というような広告を出している「ヤミ金」と呼ばれる業者も混在します。これらの業者に手を出すと、警察や弁護士に介入してもらわなければ解決できない、という事になってしまいます。

 

業者を選ぶ時は口コミなどの情報を参考にしたり、金融庁の登録貸金業者検索などを利用したりして、申込先が正規の業者なのか確認する事が重要になります。

 

これからキャッシングを始めたいと考えている人は、安全面から考えてまずは大手消費者金融へ申し込む事をおすすめします。