今日中にお金を借りたい!即日融資はタイムリミットに注意

MENU

銀行カードローンよりも消費者金融を選ぶ理由

消費者金融はスピード重視のカードローンです。それは普段の借り入れや返済だけではなく、新規申し込みから融資までのスピードの早さもあります。申し込みをしたその日のうちに借り入れをすることも、方法を理解していれば充分に可能です。

 

明日のデートなのに金が無い!今月使いすぎてたか~

 

消費者金融のカードローンで借りてみるか…?って即日は無理かなぁ

 

いいえ!最短30分の審査時間で即日ご融資も可能です!

 

ただお申込みの時間帯次第ですのでお早めに!すぐに申し込みしなきゃ!

 

今日中にお金を借りることは可能

申し込みをした時間帯にもよりますが、基本的に即日融資も可能です。銀行カードローンでは「即日融資も可能」となっていますが、多くの場合には3営業日は審査にかかるものであり、銀行口座を開設しなければならないなど、諸準備に時間がかかるため即日融資は現実的ではありません。

 

消費者金融は審査時間が短いことも特徴です。そればかりではなく、申し込み完了後、すぐに審査が始まるために最短30分の審査時間は、消費者金融業界ではごく一般的な時間となっています。

 

ただし、何時でも即日融資が可能となっているわけではありません。深夜の22時に申し込みを行っても当日中に借り入れることはできないでしょう。なぜなら、時間が重要になってくるからです。

 

即日融資を希望する時には必ず確認しなければならないのは時間です。何時までに何をすればよいのかを確認しましょう!

 

  • 審査対応時間
  • 振込キャッシング対応時間
  • 営業時間

 

この3つの時間を確認します。
どのように借り入れをするのかによって契約方法が異なります。申し込みはインターネットがベストでしょう。
インターネットにつながるデバイスがあれば、どこからでも申し込みができます。審査結果を確認してから次の行動に移ることができるため時間に無駄がありません。

 

振込キャッシングで借り入れをするのであれば、より急がなくてはなりません。通常振込キャッシングの対応時間は平日の14時00分ころまでとなっているため、その時間外に振込キャッシングの依頼をしても対応は翌営業日になるからです。

 

振込キャッシングに間に合う時間でなければ、借入方法はATMからの引き出しになります。

 

そこで気をつけなければならないのは、営業時間です。
振込キャッシングではなくATMから借り入れをするためにはカードが必要になりますが、インターネットではカードの受け取りは郵送になるため即日融資はできません。自動契約機や店頭窓口でのカードの受け取りができる契約方法を選択しなくてはなりません。

 

それでは即日融資をするときの時間のポイントについてまとめてみましょう!

 

即日融資の流れ

 

借入方法を振込キャッシングかATMにするのかを決めることで、契約の方法を考えることになります。

 

用意しなければならない必要書類

必要書類を用意しなければ契約に進むことができません。申込書類の内容を確認するためにも必要書類で裏付けをします。

 

即日融資を希望する時にはなおのこと、必要書類の用意は忘れないようにしましょう。各社によって必要な書類に若干の異なりがあります。

 

プロミス モビット アコム
本人確認書類(いずれか1点) 運転免許証 本人確認書類(いずれか1点) 運転免許証 本人確認書類(いずれか1点) 運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)
パスポート パスポート
※外国籍の方(いずれか1点) 在留カード・特別永住者証明書(法令により、有効とみなされる期間内は外国人登録証明書を含む) をあわせてご用意ください 収入証明書類 源泉徴収票 ※外国籍の方(いずれか1点) 在留カード
確定申告書 特別永住者証明書
金額により収入証明書類 源泉徴収票 給与明細書(直近2か月分) 金額により収入証明書類 源泉徴収票
確定申告書 所得証明書 確定申告書
給与明細書(直近2か月分) 税額通知書 給与明細書(直近2か月分)
    WEB完結の場合 三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行口座 市民税・県民税決定通知書
    社会保険証か組合保険証 課税証明書
        所得証明書

 

プロミスとアコムの収入証明書類は、総量規制に基づいて借り入れ金額に応じた提出となっています。

 

  • 借り入れ金額、借入希望額が50万円を超える場合
  • ほか貸金業者からの借り入れ総額を含めて100万円を超える場合

 

また、モビットはWEB完結申し込みをするときには「三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の普通預金口座」と「社会保険証か組合保険証」が必要になります。
カードレスのキャッシングになるため、借入は振込キャッシング、返済の基本は口座引き落としになるために指定の口座を用意しなくてはなりません。保険証は在籍を証明するために必要となります。

 

本人確認書類に記載されている住所が現住所とは異なる場合

現住所が記載されている下記のいずれかが必要となります。領収日付または発行年月日から6ヵ月以内のものに限ります。

 

  • 公共料金の領収書 (電気、都市ガス、水道、固定電話、NHKのいずれか1つ)
  • 社会保険料の領収書
  • 国税、地方税の領収書
  • 納税証明書

 

各社で即日融資の条件が異なる

即日融資をするためには利用する消費者金融の公式ホームページをしっかりと確認しなくてはなりません。それでは即日融資のために、どのような準備が必要になるのかを確認しましょう!

 

プロミス

最短1時間

 

審査対応時間 振込キャッシング対応時間 自動契約機営業時間 即日振込の条件
9時~21時 平日9時~14時50分(三井住友銀行かジャパンネット銀行口座へは24時間対応) 9時~22時(2015年6月時点。店舗によって異なるため公式ホームページから確認が必要) 平日14時までにWEB契約完了が必要

 

平日14時までに契約内容の確認となると、審査時間は最短30分となっていますが余裕を持って、正午までに申し込みが完了できる場合には振込キャッシングも可能と考えてよいでしょう。
それ以外の時間では、インターネットで申し込み後、自動契約機でカードを受け取り、ATMでの借入が最も可能性が高くなります。

 

モビット

モビット

 

審査対応時間 振込キャッシング対応時間 ローン申込機営業時間 即日振込の条件
9時~21時 平日9時~14時50分 8時から21時(店舗によって異なりがあるため公式ホームページからの確認が必要) 平日正午までに申し込みが完了していること

 

モビットは、インターネットで申し込み後の画面に表示される「フリーダイヤルへ電話」をすることで優先的に審査が開始されます。審査結果が電話で連絡となり、その場で会員登録が完了します。
モビットへ問い合わせたところ平日の正午までに申し込み手続きが完了していると即日融資の可能性があるとの回答でした。

 

アコム

 

審査対応時間 振込キャッシング対応時間 むじんくん営業時間 即日振込の条件
8時~22時 平日9時から14時30分、ゆうちょ銀行は平日9時~14時(楽天銀行口座へは24時間対応) 8時から22時(店舗によって異なりがあるため公式ホームページからの確認が必要) 平日14時までに必要書類の提出

 

振込キャッシングを受けるためには平日14時までに必要書類の提出が完了していることが条件になります。ただし、ネット契約後初めての振込キャッシングであれば三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行口座に限り平日の18時までの振込キャッシング手続き完了で当日の19時までに振込キャッシング実施となっています。

 

審査をスムーズにするには基本的なことが大切だった

基本的なことではありますが、即日融資を希望する時こそ審査をスムーズに進ませるために申込書の記入を正確に行わなくてはなりません。間違いがあればその確認作業に時間がかかります。

 

電話番号、メールアドレスなど連絡手段の間違いは致命的です。審査結果が判明していても連絡を取る手段がなければ伝えようがありません。少しでも審査時間を短縮するためには、正確な情報を申告することが大切です。

今日中にお金を借りたい

申し込みをしたその日のうちに借り入れをすることも、方法を理解していれば充分に可能です。

土日・祝日にお金を借りる

平日であれば比較的可能性が十分にあると考えることもできますが、土日祝日であればどうでしょうか?

職場への在籍確認

消費者金融からお金を借りていることが同僚や上司にバレてしまうと、出世にも影響する恐れがあります。

審査に通らない理由

カードローンやキャッシングの審査に通らない(可決されない)のは偶然ではありません。