バンクイック5つのメリット(低金利・返済額・即日融資・ATM手数料・振込名義)

MENU

バンクイックが向いている方

  • 低金利で利用したい
  • 無駄な手数料を払いたくない
  • 近くに三菱東京UFJ銀行本支店がある
  • 返済額を抑えたい

 

日本三大メガバンクのひとつ、三菱東京UFJ銀行でもカードローンがあります。
ハードルが高いイメージがある銀行カードローンですが中でもバンクイックは比較的利用しやすいカードローンです。

 

身近なキャッシング、バンクイック

即日融資も可能となっているバンクイックは銀行カードローンの金利でありながら利用手数料が無料になるなど無駄な費用を抑えることができます。
ただし、消費者金融のように便利に使うというよりは、シンプルになるでしょう。

 

メガバンクバンクイックのメリット
金利が低め設定
利用限度額 お借入利率
400万円超500万円以下 年4.6%~年6.1%
300万円超400万円以下 年6.1%~年7.1%
200万円超300万円以下 年7.1%~年9.6%
100万円超200万円以下 年9.6%~年12.6%
10万円以上100万円以下 年12.6%~年14.6%

 

上限金利が14.6%となっており、少額でも十分な低金利で利用ができます。

 

返済額が低い
利用限度額200万円以下
借入残高 返済額
10万円以下 2,000円
10万円超~20万円以下 4,000円
20万円超~30万円以下 6,000円
30万円超~40万円以下 8,000円
40万円超~50万円以下 10,000円
50万円超 借入残高が10万円増すごとに2,000円を追加

 

利用限度額200万円超
借入残高 返済額
10万円以下 1,000円
10万円超~20万円以下 2,000円
20万円超~30万円以下 3,000円
30万円超~40万円以下 4,000円
40万円超~50万円以下 5,000円
50万円超 借入残高が10万円増すごとに1,000円を追加

 

利用限度額(融資限度額)によって返済額が異なります。
ただしバンクイックの場合、固定返済額ではなく最低返済額です。
毎月の返済期日に最低限支払わなければならない金額であり、それ以上に返済することは自由です。

最低返済額が低いと返済が長期化する危険も含みます。

 

即日融資も可能

お近くに三菱東京UFJ銀行本支店があると即日融資も可能です。
消費者金融にある自動契約機と同じ役割を持つ「テレビ窓口」があります。
申し込み、審査、カード発行までの一連の流れが最短40分です。

 

  受付時間
平日 9時~20時
土曜祝日 10時~18時
日曜 10時~17時

あらかじめインターネット申し込みで審査結果を確認するとさらに時間の短縮になります。

 

ATM利用手数料無料

利用できるATMの種類は少ないものの、全国をカバーする十分な提携ATMです。

 

  三菱東京UFJ銀行ATM コンビニATM
ATM 三菱東京UFJ銀行 コンビニATM
時間帯 0:10~23:50
※毎週月曜日の1:00~5:00、毎月第2土曜日の21:00~翌朝7:00を除く
利用手数料 無料

 

これらのATMは全て利用手数料無料になっています。

 

振り込みキャッシングの名義

通常、振込キャッシングを受ける際には振り込み人名義が「消費者金融名」や「銀行名」になります。
バンクイックでは対応銀行が三菱東京UFJ銀行口座しかないものの、振り込み名義人は「本人名義」になっています。

 

メガバンクバンクイックのデメリット

会員ページが充実していない
消費者金融は金利が高い反面、サービスの充実が目立ちます。
バンクイックは会員サービスが充実していないというよりは乏しいことが否めません。

 

  • 利用可能金額
  • 利用残高
  • 次回返済額
  • 次回返済期日
  • 振込返済先口座

 

この程度の内容しか会員ページで確認できず、これらは通常明細書に記載されている内容となんら変わりはありません。

 

 

会員サービスがないのではなく、第二リテールアカウント支店への電話が会員サービスと同じ役割をもっています。


 

ちょっと便利な裏技

バンクイックの申し込みには三菱東京UFJ銀行口座は必要ありません。
ただし、用意するとよりバンクイックが便利になります。

  • 自動支払い(口座引き落とし)
  • 振り込みキャッシング

これら便利なサービスは三菱東京UFJ銀行口座にしか対応していません。

バンクイック総評

三菱東京UFJ銀行口座を持っているとバンクイックは便利なキャッシングとなるでしょう。
新たに口座開設をするときにもテレビ窓口が利用できるためそれほど不便は感じません。
ただし、会員ページが充実していないために逐一、第二リテールアカウント支店に連絡をしなければならないという手間はあります。

 

お金を借りる利用条件ランキングTOP3はコチラ

消費者金融 プロミス | モビット | アコム | アイフル
銀行カードローン オリックス銀行 | 三菱東京UFJ銀行 | みずほ銀行 | ソニー銀行 | イオン銀行 | 新生銀行 | 楽天銀行 | 住信SBI銀行 | セブン銀行 | じぶん銀行