visaカードでお金を借りる、カードローンで借りる時の違いは?

MENU

visaカードでお金を借りる!カードローンとの違いは?

 

クレジットカードは買い物などで利用するショッピング機能と、お金が借りられるキャッシング機能が利用できます。

 

Visa(ビザ)とはクレジットカードの国際ブランド名で、クレジットカードにvisaのマークがついているクレジットカードをvisa(ビザ)カードと呼びます。お金を借りる方法としてカードローンがありますし、クレジットカードでお金を借りる事も出来ます。

 

今回は、クレジットカードとカードローンの違いや、visaでお金を借りるための方法などを紹介します。

 

 

クレジットカードとカードローンの違い

クレジットカードは、買い物代金や食事をした時の支払いなどに利用する事を目的としたカードです。

 

以前のクレジットカードは、ショッピング機能だけが利用出来ましたが、最近のクレジットカードはショッピング機能と希望すればキャッシング機能の両方が利用できるクレジットカードが主流になっています。

 

クレジットカードは、買い物や食事代の立て替えに利用する事がメインなので、お金を借りるためのキャッシング機能は「おまけ」的な機能となっているので、あまり多くのキャッシング枠が付けられる事はありません。

 

古くからクレジットカードを利用している利用者のカードには、キャッシング機能がついていませんでしたが、キャッシング機能が付けられるようになってから、自動的にキャッシング機能が付いているカードが多いようです。

 

ちなみに、普段利用しているクレジットカードにキャッシング機能がついているかどうかを確認するには、毎月の請求書を見れば確認できます。

 

請求書にはショッピング枠がいくら、キャッシング枠がいくら、今月の利用額はいくらと言うように書かれているので、請求書を見ればいくらまで借りられるかがわかります。

 

カードローンはその名の通り、消費者金融や銀行で取り扱っているカードローンの事で、お金を借りる事を主体にしたカードです。クレジットカードのようなショッピング機能はなく、単純にお金を借りるためだけのカードで、ローンカードを使って提携コンビニATMなどからお金を借りる事が出来ます。

 

カードローンはクレジットカードと違い、融資限度額は最大で1,000万円までのカードローンも有ります。

 

未成年でお金が借りられるのはクレジットカード

カードローンの申込条件は満年齢が20歳以上という条件があります。

 

クレジットカードは高校生が申込む事は出来ませんが、親の同意があれば未成年(18歳以上)の学生でもクレジットカードでお金を借りる事が出来ます。

 

未成年の審査はそれほど厳しくはない

信販会社は、未成年に対しては審査をあまり厳しくしていないようです。理由は、クレジットカードの審査は「他社借入で延滞などを越さず支払いが出来ているか」を確認する事で、これからクレジットカードを申込む未成年は、利用履歴などはなく、個人情報が真っ白な状態なので審査すべきポイントが殆どないため審査が緩いと言われています。

 

もう一つの理由は、申し込みに親の同意が必要ですが、少なくとも大学などに通わせることが出来る所得が親権者にはあると判断されるので、親権者の信用情報はチェックされることもほとんどありません。

 

ただし、スマホなどの料金を自分名義の口座から支払っている未成年や、スマホを分割払いで支払っていて、料金を滞納しているという事があれば返済能力がないと見なされて、審査に悪く影響する事があります。

 

家族カードは無収入でもお金が借りられる

もうひとつの方法はクレジットカードの「家族カード」を作ってもらう事でお金が借りられます。家族カードは、クレジットカード会員が家族のために発行できるクレジットカードの事で、多くのクレジットカードで家族カードを発行してもらう事が出来ます。

 

家族カードは、あくまで元になっているクレジットカード、例えば返済能力のある親が持っているカードに付帯するカードという事になるので、基本的には、新たな審査なしで発行してもらえます。

 

家族カードは、あくまでも本人会員への信用の元に、追加カードとして発行されるカード。なので、無職の専業主婦や無収入の学生など、自分でクレジットカードをつくりにくい人でも、家族カードなら作ることが可能です。

 

カードもそれぞれの名義で作ってもらえるので、通常の利用であれば家族カードであることを意識せずに利用できます。

 

ちなみに、利用代金の請求や引き落としはすべて親カードからの返済になり、利用限度額は親会員の限度額の一部を使うイメージになります。

 

海外でキャッシングするのならクレジットカードがおすすめ

ローンカードを海外で利用することはできませんが、クレジットカードでお金を借りる事が出来ます。海外で利用できるクレジットカードを申し込む時は、「国際ブランド」を決める必要があります。

 

国際ブランドとは、VISAやJCB、Master Cardなどの事で、海外で利用する時は利用できるATMが違ってきます。VISAの場合はVISAマークもしくは、Plusマークが書かれているATM、JCBとMasterCardは、JCBマークかMasterCardマーク、CirrusマークのあるATMで利用できます。

 

海外キャッシングを利用する場合は、事前にカード会社に連絡をしなければならないので、渡航前に連絡を入れておく必要があります。また、海外キャッシングを利用する時は、クレジットカードの暗証番号(PINコード)も必要になります、

 

暗証番号を覚えていないとお金が引き出せないので、出かける前に暗証番号の確認もしておく必要があります。

 

審査方法の違

カードローンは消費者金融や一部の信販会社、銀行で申込をしますが、カードローンもクレジットカードも、融資を受けるには審査に通らなければなりません。

 

カードローンの審査

カードローンはノンバンク(消費者金融と信販会社)と銀行カードローンでは適用される法律が違うので、それぞれの法律に基づいて審査を行います。

 

消費者金融などのようなノンバンクは貸金業法の総量規制の対象になりますが、銀行カードローンは銀行法が適用されるので、銀行法に基づいて審査を行います。

 

ノンバンクは貸金業法の総量規制の対象になるので「融資限度額は年収の3分の1以内」と言う制限を受け、申込条件は「満年齢20歳以上の安定した収入がある事」が基本条件になります。

 

クレジットカードの審査

カードローンで適用される法律は、ノンバンクなら貸金業法、銀行カードローンは銀行法だけが適用されましが、クレジットカードはショッピング枠とキャッシング枠があるので、それぞれで審査があります。

 

ショッピング枠の審査

ショッピング枠の審査に適用される法律は「割賦販売法」という法律です。この法律は、健全なクレジット(=分割払い)取引や消費者の利益保護を目的として定められた法律です。抽象的な表現になっていますが「健全」というキーワードで、利用限度額が計算されます。

 

クレジットカードの申込時に、年収に基づいた支払可能見込額が計算され、そこから利用限度額が設定されます。

 

支払可能見込額は、次の計算式で計算されます。
支払可能見込額=(年収、預貯金額)-(生活維持費)-(年間請求予定額)

 

ちなみに生活維持費は、「生活維持費の算出方法」という法令によって決められている費用が用いられますが、その人が生きていく上で最低限必要の費用のことです。

 

たとえば
世帯人数 住宅費用が必要ない場合 住宅費用が必要な場合
世帯人数1人 90万円 116万円
世帯人数2人 136万円 177万円
世帯人数3人 169万円 209万円
世帯人数4人 200万円 240万円

と決まっています。

 

世帯人数とは生計を共にしている人数のことで、これを元に支払可能見込額を算出しています。

 

たとえば、年収450万円の人が賃貸住宅に夫婦二人で暮らしている世帯で、他社からの借入が50万円ある人という世帯の場合、支払可能見込額は450万円(年収)-177万円(生活維持費)-年間請求予定額(50万円)=223万円となるので、限度額は最大で223万円になります。

 

リボ払いや分割払いの場合は、223万円に90%を掛けた金額が枠として設定されるので、223万円×90%=200万円まで利用できる事になります。

 

キャッシング枠の審査は、貸金業法が適用されるので、融資限度額は年収の3分の1以内と言う制限を受ける事になるので、450万円÷3=150万円が最大限度額になります。

 

visaカードでお金を借りるとは

visaでお金を借りるとは、つまり「クレジットカードのキャッシング機能を利用する」という事です。

 

クレジットカードの提携ブランドは海外でも使えるように「visa」「Master Card」「JCB」「AMERICAN EXPRESS(メックス)」「Diners Club(ダイナースクラブ)」などがあります。

 

Visaのマークがついているクレジットカードのキャッシング枠でお金を借りることを一般的に「visaでお金を借りる」というようになったわけです。ですからvisaでお金を借りるには、クレジットカードを先に申し込む必要があります。

 

「visaでお金を借りる」という事は、visaブランドのクレジットカードを申し込む事になりますが、カード会社によって借りることのできる金額や金利が違うので、商品説明をよく理解してから申し込む事をおすすめします。

 

クレジットカードには年会費が必要なカードもあれば、年会費のかからないカードもあります。クレジットカードを選ぶ時は、トータルで考えてどこに申し込むのがお得なのか、カード会社の公式サイトで商品内容を確認しておきましょう。

 

visaカードはいくらまで借りられる?

繰り返しになりますが、クレジットカードのキャッシング枠で借りる事ができる上限額は、クレジットカードの種類や審査の内容によって違ってきますが、キャッシングは総量規制の対象となるために、融資できる限度額は最大で「年収の3分の1以内」になります。

 

例えば年収が450万円ある人の融資限度額は最大で150万円まで融資が可能ですが、実情は年収の10%程度がキャッシング枠と考えておく方がよいでしょう。

 

visaカードでお金を借りる方法

クレジットカードでお金を借りるには、提携金融機関(銀行など)のATMや、提携会社のCD(キャッシュディスペンサー)から引き出す事が出来ます。また、多くのクレジットカードはコンビニのATMやマルチメディア端末でもキャッシングが可能です。

 

提携金融機関のATMでのキャッシングする例として以下の手順で進めます。

ATMの画面上のメニューから「お引き出し」を選択します。

「クレジットカード」を差込口に投入します。

「暗証番号」を入力します。

続いて「お借り入れ」を選択します。

返済方法を「1回払い」か「リボ払い」から選択します

「借入金額」を1万円単位で入力します。

クレジットカードと利用明細、現金を受け取って完了です。

 

CD(キャッシュディスペンサー)でも操作方法はほぼ同じです。

 

借りたお金の返済方法は?

信販会社やカードの種類によって借りたお金の返済方法が異なります。

 

一般的にクレジットカードで借りたお金の返済方法は、カード会社が定めた返済日に口座引き落としで返済するものが多く、ATMを使ってお金を借りられても、ATMを使っての返済が出来ないカードも多くあります。

 

返済金額には借入した金額に日割りで利息が追加されていくので、返済方法は口座引き落としのものよりも、ATMやインターネットなどで返済できるカードの方が便利です。

 

返済方法が口座引き落としだけという場合、キャッシングを利用した日によっては締切日の翌日にお金を借りた場合、翌々月までの利息を支払わなければならなる事もあります。

 

たとえば、返済金額が決まる「締日」が毎月15日だと定められていて、返済は翌月の10日が口座引き落としのカードとします。

 

締日の15日にキャッシングを利用した場合、翌月の10日に口座からキャッシング利用代金と25日分の利息が引き落としになりますが、16日にキャッシングを利用した場合、次の締日までの30日間に加えて、口座引き落としまでの25日間が加わり、キャッシング利用代金と55日分の利息を支払うことになります。

 

そうならないようにするには、口座引き落としを待たずにカードによる一括返済がおすすめです。カード会社へ連絡を入れて「○○日に一括返済したい」と伝えると、元金と利息の合計金額を教えてもらえるので、○○日に一括返済をすれば無駄な利息を支払う事はありません。

 

キャッシングで注意する事

visaでお金を借りる時に注意する事は、金利が高いので必要以上のお金は借りないという意識が重要です。

 

銀行カードローンの場合、金利は平均14.0%~14.5%程度ですが、クレジットカードの金利は18.0%と消費者金融と同じくらいの高めの金利設定となっているので、必要以上の借り入れをする事は控えましょう。

 

またショッピングとキャッシングの枠設定は、それぞれが独立しているものではありません。クレジットカードは総利用枠が設定されているので、キャッシング枠を使うと、ショッピング枠が減ってしまう事になります。

 

キャッシング枠を限度額一杯まで使ってしまうと、ショッピング枠が減ってしまい、欲しいものがあっても買えないという事にもなるので、キャッシングの利用は計画的に利用する必要があります。

 

まとめ

キャッシング枠で借りたお金の返済方法は、ショッピング枠の利用料金と一緒に口座から引き落とされるだけですが、返済方法は一括返済もあれば、毎月の返済額を決めて返済するリボ払いになります。

 

リボ払いは、毎月の返済額を決められるので、楽な返済が続けられますが、返済期間が長くなればなるほど、負担する利息も増えるというデメリットがあります。出来るだけ利息を少なくするには、短期で返済する事がポイントになります。

 

そのためには支払日を待たずに、増額返済で元金の返済を少しでも早く完済する事です。増額返済をすれば返済期間が短くなり、利息を含めた総返済額を少なくすることが出来ます。