夢占い、お金を借りる夢やお金にまつわる夢は何を意味している?

MENU

お金を借りる夢やお金にまつわる夢は何を意味しているの?

 

お金に関する夢を見る事があると思いますが、夢占いでは、お金はその人の価値観や愛情などを表していると言われています。また、お金に関する夢は、良い意味で「なくてはならない物、大事にしている物、愛情を受ける」などととらえ、悪い意味では「欲望や焦り、不浄なもの」というようにとらえます。

 

夢占いでお金に関する事は、重要なキーワードと言われています。夢裏体でお金に関する夢を見た場合、どのように解釈すればよいのかを紹介します。

 

 

夢占いでお金とは

生きていくうえでお金はなくてはならないものなので、夢占いでは、生命維持のエネルギーや、豊かさ、愛情、能力など象徴になります。お金の夢を見た時、お金を何に使っていたのか、どのくらい持っていたかで意味が変わってきます。

 

お金の夢は逆夢であることが多く、お金を儲ける夢や、気持ちよくお金稼ぐ夢を見た場合、実際に入る事を表している夢ではないと言われています。夢占いは見た夢の内容によって占いの結果が異なるので、同じ「お金」が絡む夢でもお金がどのように関わってくるかによって、夢占いの結果はまったく違ってきます。

 

お金が足りない夢

お金は愛情やエネルギーを表しています。「お金が足りない夢を見る」ということは、愛情やエネルギーが足りていない状態だと思ってください。つまり「お金が足りない夢」は体力が低下している状態なので、このような時は早めに休養を取りましょう。

 

また、恋愛面では恋人との関係がうまくいっていないのではありませんか?ただし、それはあなたが愛されているのに、自分に自信をもてないだけです。体力が低下すると、自分に自信がなくなるので、こんなときはゆっくり休むことです。

 

お金を貸す夢

人にお金を貸す事は、余裕のある人でないとできませんが、お金の貸し借りでトラブルになる事もあるので、できる事なら貸し借りはしたくないものです。お金を貸す夢は、人によく思われたいという気持ちの表れで、それだけ人から信頼されたいと願っている事を現しています。

 

しかし、お金を貸して信頼を得るという方法はあまり得策とは言えません。自分をアピールする方法は、他にもあります。現実でも人にお金を貸す事はやめておきましょう。

 

お金を借りる夢

「お金を人から借りる夢」を見た時は、お金を貸してくれた相手とトラブルになる事を表します。お金を借りる事によって、相手に弱みを握られることになり、その事でストレスが溜まり、些細なことがきっかけでトラブルに発展する暗示を表しています。

 

大きなトラブルになる前に、お互いが冷静になる時間が必要です。

 

知らない人からお金を借りる夢は、将来その人と出会う可能性が高く、その場合は最初からトラブルを抱える存在になるので注意が必要です。

 

お金を落とした夢

夢占いでは「落とす」という事は、不快感や不安感を表します。たとえば、落としたものが壊れなかったら、不安感や不快感はそれほど重大ではなく、案外簡単に解決するはずです。

 

お金は落としても壊れる事はないので、「お金を落とした夢」を見た時は、これに当てはまりまるので、もし今不安になる事があっても、重大な事態になる事はないので心配する必要はありません。

 

ちなみに落としたものが壊れしまった夢の場合は、不安が的中しトラブルになる事を暗示しています。

 

お金を拾った夢

「お金を拾った夢」を見た時は、正夢ならうれしくなりますが、そのような夢は「出費はあるが、同時に拾った金銭に見合う収入もある」事を暗示しています。例えば冠婚葬祭などの出費や、事故、病気などによる出費があってもそれに見合うだけのお金が入ってくるという感じです。

 

また恋人がいる人は、満たされない気持ちになったり、悲しい気持ちでいっぱいになったりしそうです。その寂しさから逃れるために、新しい恋人を求めようとします。恋愛中なら今の恋を清算して新しい恋を得たいと思っているのかもしれません。

 

「お金を拾った夢」は恋愛面に不満を感じている時によく見る夢です。

 

貯金の夢

貯金や貯金箱の夢は、出費や潜在能力の象徴と言われています。 たくさんの貯金がある夢は、多くの潜在能力があることを暗示しています。

 

ただし、たくさんの貯金があって嫌な予感がする夢の場合は、近い将来、大きな出費があることを暗示しているので注意が必要です。 反対に、貯金の残額が少ない夢は、潜在能力が乏しいことを暗示しています。

 

さらに貯金をおろす夢を見た時は、あなたの潜在能力が発揮される時なので、努力して育んできた潜在能力を思う存分発揮するチャンスと思ってください。

 

ただし、不安な気持ちで貯金をおろす夢の場合は、物事の清算や停止に追い込まれたり、浪費しがちであるため窮地に追い込まれたりすることを暗示しているので注意が必要です。

 

お金を盗まれる夢

「お金を盗まれる夢」は、周囲の人に対して不信感がある事を現しています。表面的には仲良く振る舞っているように見えますがが、心の中では「自分は絶対に騙されないぞ!」という防衛的な気持ちが働いているようです。

 

防衛心が高いのは、自分を守るためにも必要なことですが、いきすぎてしまうと、せっかく楽しいはずである人間関係を壊してしまう事にもなります。

 

盗まれることは夢占いで疑心暗鬼や攻撃的な内面を表すので、周囲の人が悪いのではなく、あなた自身に問題があるととらえましょう。

 

まとめ

お金の夢は、単純にお金の事に関する夢ではないようですね。お金の夢を見た時は、いい夢も悪い夢も、すべて生命エネルギーや愛情、能力に関係した事を暗示していると思ってください。

 

そして夢占いの結果をうまく実生活に役立てる事をようにすれば、悪い夢でもよい方向へ向かうための暗示となるはずです。